HOME/ AINOW編集部 /待望の「LOVOT」の全貌が明らかに GROOVE X製品発表
2018.12.18

待望の「LOVOT」の全貌が明らかに GROOVE X製品発表

最終更新日:

LOVOTを発表する林要氏

12月18日、東京都中央区にあるGROOVE X株式会社にて、新世代家族型ロボット「LOVOT」の製品発表が行われました。本日19:00から予約が開始される予定で、販売は2019年秋冬頃を見込んでいます。デュオ2体セットで本体価格598,000円、ソロ1体セットで349,000円で販売します。

「LOVOT」は「ちいさなLOVEが、世界を変える」というコンセプトのもと、新世代家庭用ロボットとして3年間に渡って開発されてきました。2017年12月4日に開発が発表されてから約1年かけての製品概要発表になります。

▼2017年12月4日のLOVOT開発発表の様子

GROOVEX 計80億円を調達し新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発を発表

明かされたLOVOTの概要

<特徴>

  • 頭の上部分にある半天球カメラで、周りをディープラーニングにより認識(緊急停止機能も搭載)
  • ディープラーニング用のアクセラレーター、スマートフォン程度のCPUも搭載
  • 自動運転車と同様の技術を搭載。部屋を動きまわりながら地図を作成する。家具やドアの場所を把握することが可能。
  • 10億通りの眼の形のパターンを用意
  • 生体を模擬した発声や着替えも可能
  • インターネットへの接続で見守りサービスなども提供
  • 45分稼働+15分充電

頭の上に半天球カメラや半天球マイクが装着されている

 

ディープラーニングアクセラレーターを搭載

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット

圧倒的なAI開発技術、領域横断のDXを促進する株式会社シナモンに迫る

機械学習で最も便利なマルチツール:埋め込み

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】強化学習を用いて医療におけるリスクの高い状態とその治療法を特定する

MLモデルをより早く本番稼動させる方法

映像とAIの活用が効率的な練習を実現|「運動塾デジタルノート」

あなたにおすすめの記事

スマートチャネル時代の「ヒト」と「AI」のコミュニケーションとは|株式会社トゥモローネット

圧倒的なAI開発技術、領域横断のDXを促進する株式会社シナモンに迫る

機械学習で最も便利なマルチツール:埋め込み

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】強化学習を用いて医療におけるリスクの高い状態とその治療法を特定する

MLモデルをより早く本番稼動させる方法

映像とAIの活用が効率的な練習を実現|「運動塾デジタルノート」