HOME/ AINOW編集部 /待望の「LOVOT」の全貌が明らかに GROOVE X製品発表
2018.12.18

待望の「LOVOT」の全貌が明らかに GROOVE X製品発表

最終更新日:

LOVOTを発表する林要氏

12月18日、東京都中央区にあるGROOVE X株式会社にて、新世代家族型ロボット「LOVOT」の製品発表が行われました。本日19:00から予約が開始される予定で、販売は2019年秋冬頃を見込んでいます。デュオ2体セットで本体価格598,000円、ソロ1体セットで349,000円で販売します。

「LOVOT」は「ちいさなLOVEが、世界を変える」というコンセプトのもと、新世代家庭用ロボットとして3年間に渡って開発されてきました。2017年12月4日に開発が発表されてから約1年かけての製品概要発表になります。

▼2017年12月4日のLOVOT開発発表の様子

GROOVEX 計80億円を調達し新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発を発表

明かされたLOVOTの概要

<特徴>

  • 頭の上部分にある半天球カメラで、周りをディープラーニングにより認識(緊急停止機能も搭載)
  • ディープラーニング用のアクセラレーター、スマートフォン程度のCPUも搭載
  • 自動運転車と同様の技術を搭載。部屋を動きまわりながら地図を作成する。家具やドアの場所を把握することが可能。
  • 10億通りの眼の形のパターンを用意
  • 生体を模擬した発声や着替えも可能
  • インターネットへの接続で見守りサービスなども提供
  • 45分稼働+15分充電

頭の上に半天球カメラや半天球マイクが装着されている

 

ディープラーニングアクセラレーターを搭載

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】