HOME/ AINOW編集部 /待望の「LOVOT」の全貌が明らかに GROOVE X製品発表
2018.12.18

待望の「LOVOT」の全貌が明らかに GROOVE X製品発表

最終更新日:

LOVOTを発表する林要氏

12月18日、東京都中央区にあるGROOVE X株式会社にて、新世代家族型ロボット「LOVOT」の製品発表が行われました。本日19:00から予約が開始される予定で、販売は2019年秋冬頃を見込んでいます。デュオ2体セットで本体価格598,000円、ソロ1体セットで349,000円で販売します。

「LOVOT」は「ちいさなLOVEが、世界を変える」というコンセプトのもと、新世代家庭用ロボットとして3年間に渡って開発されてきました。2017年12月4日に開発が発表されてから約1年かけての製品概要発表になります。

▼2017年12月4日のLOVOT開発発表の様子

GROOVEX 計80億円を調達し新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発を発表

明かされたLOVOTの概要

<特徴>

  • 頭の上部分にある半天球カメラで、周りをディープラーニングにより認識(緊急停止機能も搭載)
  • ディープラーニング用のアクセラレーター、スマートフォン程度のCPUも搭載
  • 自動運転車と同様の技術を搭載。部屋を動きまわりながら地図を作成する。家具やドアの場所を把握することが可能。
  • 10億通りの眼の形のパターンを用意
  • 生体を模擬した発声や着替えも可能
  • インターネットへの接続で見守りサービスなども提供
  • 45分稼働+15分充電

頭の上に半天球カメラや半天球マイクが装着されている

 

ディープラーニングアクセラレーターを搭載

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面