東京海上HDがAI人材育成プログラムをグループ内で開始-松尾研/ALBERT/スキルアップAIが協力-

最終更新日:

東京海上グループが、グループ内専用のデータサイエンティスト育成プログラム「Data Science Hill Climb」を創立したと発表しました。延べ200時間以上の長期育成カリキュラムで、2019年度から本格的に運用を開始します。

東京大学 松尾豊特任准教授の監修のもとに設計したデータサイエンティスト適性人材の発掘・育成・評価のための体系的スキームであり、 カリキュラムの運営は、 データサイエンス人材教育の経験を有するNABLAS (iLect)、 ALBERT、 スキルアップAIの3社が協力して実施します。

具体的には確率統計や線形代数などの基礎数学や、AI(機械学習)モデルの理論的背景の理解、それらのプログラミングによる実装、実ビジネス活用のための実践的演習までを一貫して習得することを目指し、実力のあるデータサイエンティストを育成していくとしています。

▼関連記事

松尾研発「NABLAS」人材教育と事業を一体化するAI総合研究所の戦略

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する