TIGETがAIを活用してチケットの不正転売を防止 -スマホだけで本人認証-

最終更新日:

株式会社grabssは、運営する電子チケットの販売・購入・予約サイト「TIGET(チゲット)」のサービスにおいて、不正転売防止対策として顔認証によるチケット表示機能の導入を2019年4月に開始すると発表しました。

TIGETでは、不正な転売を防止するためにこれまでBOT対策機能や通報機能などの機能追加を行ってきましたが、2019年6月に施行される「チケット不正転売禁止法」(特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律)への対応として、顔認証を用いた『本人認証付きチケット表示機能』(特許出願中)を導入することで、正規購入者やイベント運営者に負担をかけることなく、チケットの不正転売を減らす仕組みを実現できると考えております。

今回導入する『本人認証付きチケット表示機能』は、チケット購入者のスマートフォンだけでイベント入場時の本人認証が完結できる特長を持っています。顔認証による本人確認のシステムは、これまでにも大規模イベントを中心として導入されていますが、利用にあたっては専用設備の導入や本人認証までに時間を要するなどの課題がありました

今回、TIGETで導入する本人認証システムは、チケットに紐づけられた顔認証データとチケット表示時に取得する顔認証データを照合し、データが合致する場合にのみスマートフォンでチケットを表示させ、入場受付ができる状態となるため、チケット購入者と運営者の利便性向上や課題解決につながる安全かつ速やかな入場が期待できます。

TIGETについて
TIGETは音楽ライブなど50,000件以上のイベントで使われているチケット販売サービス。「夢や感動の入り口となる」というサービス理念を掲げ、アイドル、ミュージシャンの音楽ライブやお笑いライブを中心に、より簡単、より確実なライブイベントチケット販売・予約プラットフォーム化に努めてきました。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する