10万円で法務業務の効率化 | AI契約書レビュー支援ソフト 「LegalForce」が正式リリース

最終更新日:

LegalForceは今までβ版で開発を進めてきた契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を、正式版としてリリースしました。自然言語処理技術(人間が使う言語を処理する技術)を活用し、契約書に潜むリスクを一瞬で洗い出し、修正条文例のリサーチまでサポートすることで法務業務の効率化を目指します。

正式版では、β版で提供していた「自動レビュー機能」や「条文検索機能」の精度向上だけでなく、自社の雛形の相手方のコメントや編集に対してレビューする「類似文書比較表示機能」、管理職が案件を管理する「レビュー件数レポート機能」を追加し、契約書レビュー業務のさらなる効率化を図っていくとしています。

価格は基本料金が10万円/月(ユーザ1人)、ユーザの追加1人にあたり2万円/月。

自動レビュー機能
「契約類型」と「立場」を指定することで、 契約書のリスクを指摘する機能

条文検索機能
自社の契約書ひな形や過去の契約書、 ならびに約100点に及ぶ契約書雛形集「LegalForceライブラリ」から条文単位で契約書文言を検索する機能

類似文書比較表示機能
今レビュー中の契約書と類似する過去の契約書とでどこが違うのかを確認できます。 契約書の更新時の差分管理、 自社ひな形の変更管理などに活用が可能

レビュー件数レポート機能
レビュー件数が可視化されることで業務負担の偏りの解消や、 一人一人のメンバの成長についてもより配慮した計画が可能になる機能

 

 

 

2019年4月5日 2019年7月10日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する