HOME/ AINOW編集部 /AI InsideがAI-OCR市場シェア1位に | AI-OCR市場規模が2020年度に約170億に
2019.04.15

AI InsideがAI-OCR市場シェア1位に | AI-OCR市場規模が2020年度に約170億に

最終更新日:

AI inside 株式会社が提供するAI-OCRツール「DX Suite」が株式会社富士キメラ総研(富士キメラ総研)が2019年3月に刊行した市場調査レポート「2019 人工知能ビジネス総調査」において、 AI-OCR市場シェアNo.1を獲得したと発表しました。

市場占有率においては62.5%を占めています。

また、 富士キメラ総研によると、 AI-OCR市場規模は2017年度24億円(実績)から2020年度には約7倍の170億に到達すると予測しています。

従来のOCRでは読み取りが難しかった文字も、 AI・人工知能技術の発展により読取りが可能となることで、 業務効率化ニーズが高まる昨今での需要が高まると予測しています。

【出典】富士キメラ総研 2019年3月発刊 「2019 人工知能ビジネス総調査

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

dx 行政

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

あなたにおすすめの記事

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

dx 行政

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!