HOME/ AINOW編集部 /AI InsideがAI-OCR市場シェア1位に | AI-OCR市場規模が2020年度に約170億に
2019.04.15

AI InsideがAI-OCR市場シェア1位に | AI-OCR市場規模が2020年度に約170億に

最終更新日:

AI inside 株式会社が提供するAI-OCRツール「DX Suite」が株式会社富士キメラ総研(富士キメラ総研)が2019年3月に刊行した市場調査レポート「2019 人工知能ビジネス総調査」において、 AI-OCR市場シェアNo.1を獲得したと発表しました。

市場占有率においては62.5%を占めています。

また、 富士キメラ総研によると、 AI-OCR市場規模は2017年度24億円(実績)から2020年度には約7倍の170億に到達すると予測しています。

従来のOCRでは読み取りが難しかった文字も、 AI・人工知能技術の発展により読取りが可能となることで、 業務効率化ニーズが高まる昨今での需要が高まると予測しています。

【出典】富士キメラ総研 2019年3月発刊 「2019 人工知能ビジネス総調査

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】

2020年6月のAI関連イベントまとめ

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手