HOME/ AINOW編集部 /AI開発のニューラルポケット 経団連に入会
2019.05.15

AI開発のニューラルポケット 経団連に入会

最終更新日:

スマートシティ、 デジタルサイネージ、およびファッションの領域でAIを展開する、 ニューラルポケット株式会社が2019年5月15日付で  一般社団法人 日本経済団体連合会(以下経団連)に公認入会したと発表しました。

ニューラルポケットは、 AI技術の活用を通じた未来社会の実現を目指し、これまでAIを活用したファッショトレンド解析により、 消費者が求めている商品を的確に提供し、 廃棄商品の削減を行ってきた企業で、 持続可能な社会を作る活動を進めてきました。

経団連が掲げるSociety 5.0は「デジタル革新と多様な人々の想像・創造力の融合によって、 社会の課題を解決し、 価値を創造する社会」というコンセプトであり、 そのデジタル革新の柱として、 AIの活用が挙げられており、2019年2月1日には株式会社PKSHA Technologyも入会を発表しています。

ニューラルポケットは

日本発のAI企業として、 日本におけるSociety 5.0の実現および世界への飛躍を推進していき、 ミッションである「AIエンジニアリングによる未来社会の実現」へと邁進していく

としています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験