HOME/ AINOW編集部 /コージェントラボが12億円の資金調達、エッジコンピューティングの開発へ
2019.05.23

コージェントラボが12億円の資金調達、エッジコンピューティングの開発へ

最終更新日:

株式会社Cogent Labs(以下、コージェントラボ)がサムスンベンチャー投資を中心とする海外投資家から、シリーズBにおける追加資金調達を実施し、前半調達額と合計して12億円のシリーズBラウンドを完了したと発表しました。

このラウンドにおける今回の第三者割当増資の主な引受先は次の通りです。

引受先

  • サムスンベンチャー投資 (CEO: Yongbae Jeon)
  • キウムインベストメント (CEO: Dong Jun Kim)
  • K2 Investment Partners LLC (CEO: JiHoon Kim/BongSu Kim)
  • NCORE VENTURES (CEO: Ryan Park)

コージェントラボは今回の資金調達によって、既存プロダクトの強化、エッジコンピューティングの開発および新規プロダクトの開発を進めていくとしています。

コージェントラボ関連記事

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと