HOME/ AINOW編集部 /コージェントラボが12億円の資金調達、エッジコンピューティングの開発へ
2019.05.23

コージェントラボが12億円の資金調達、エッジコンピューティングの開発へ

最終更新日:

株式会社Cogent Labs(以下、コージェントラボ)がサムスンベンチャー投資を中心とする海外投資家から、シリーズBにおける追加資金調達を実施し、前半調達額と合計して12億円のシリーズBラウンドを完了したと発表しました。

このラウンドにおける今回の第三者割当増資の主な引受先は次の通りです。

引受先

  • サムスンベンチャー投資 (CEO: Yongbae Jeon)
  • キウムインベストメント (CEO: Dong Jun Kim)
  • K2 Investment Partners LLC (CEO: JiHoon Kim/BongSu Kim)
  • NCORE VENTURES (CEO: Ryan Park)

コージェントラボは今回の資金調達によって、既存プロダクトの強化、エッジコンピューティングの開発および新規プロダクトの開発を進めていくとしています。

コージェントラボ関連記事

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来

「マスク着用声かけAI」が無償提供開始 ーブラウザで使え、PCとWebカメラのみで利用可能

データサイエンスを過度に民主化するな