HOME/ AINOW編集部 /日本ディープラーニング協会の 「G検定」の受験申込が開始|締切は6/28まで
2019.05.31

日本ディープラーニング協会の 「G検定」の受験申込が開始|締切は6/28まで

最終更新日:

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」は、 2019年7月6日(土)に開催予定の2019年 第2回G検定(ジェネラリスト検定) の受験申込の受付を5月31日(金)13:00より開始しました。

また、「G検定」は2019年は 11月9日(土)にも開催予定です。

2019年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)
名称 JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #2
概要 ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
受験資格 制限なし
試験概要 120分、 小問226の知識問題(多肢選択式)、 オンライン実施(自宅受験)
出題問題 シラバスより出題
受験料 一般:12,960円(税込)、 学生:5,400円(税込)
試験日 2019年7月6日(土)13時より2時間
申込期間 2019年5月31日(金)13:00 ~ 2019年6月28日(金)23:59
申し込みサイト [/btn]

※クレジットカード決済またはコンビニ決済

JDLAの資格試験について詳しくはこちらから

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと