学生の75.4%がAI・IT関連の職を希望しない、データサイエンティストの志望者は3.3% |マイナビによる調査結果

最終更新日:

株式会社マイナビが、 2020年卒業予定の全国の大学生、 大学院生7,342名を対象に、 AI推進の社会の中で、自身の働き方についてどのように感じ、考えているのかを調査した『マイナビ AI推進社会におけるキャリア観に関するアンケート』をの結果を発表しました。

将来的なIT人材不足が嘆かれる中、 学生の75.4%がAI・IT職を志望しないと回答。 職種との関連性が高い理系学生についても、 理系男子67.1%、 理系女子81.0%が志望しないと回答しています。

また、 昨今注目を集めるデータサイエンティスト」を志望する学生も3.3%で、 企業側のニーズと学生の志望度に大きな乖離があることがわかりました。

また、61.1%の学生がAI・IT関連職種を志望する際のハードルに感じているのが、 『どの程度プログラミングスキルを求められるのか基準がわからない』という点で、 企業は募集にあたって具体的な業務内容や必要とされるスキルなど、 学生の仕事理解を促すために明確に示す必要があります。

全体で75.4%の学生が『AI・IT関連の職種を志望しない』。 理系に関しても、 理系男子67.1%、 理系女子81.0%が志望しないと回答。

AI・IT関連の職種の中で志望度が高いのは、 『システムエンジニア(12.9%)』『プログラマー(7.8%)』『ITコンサルタント(6.5%)』

AI推進社会で働いていくことについて、 不安を感じる意見があるものの、 3分の1の学生が『業務効率が上がるだろうと期待している』

学生がAI・IT関連の職種を志望する上で最も困難に感じることは、 『どの程度プログラミングスキルを求められるのか基準がわからない(61.1%)』

 

2019年6月4日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する