柏の葉キャンパスのスマートシティ構想が国交省のモデルプロジェクトに選定 -三井不動産など-

最終更新日:

AIを活用したスマートシティに向けた取り組みが、各デベロッパーで加速しています。

2019年6月5日、千葉県柏市と三井不動産株式会社、柏の葉アーバンデザインセンターが幹事を務める「柏の葉スマートシティコンソーシアム」が国土交通省の先行モデルプロジェクトに選定されたと発表しました。

柏の葉キャンパス駅を中心とする柏の葉エリアには東京大学や千葉大学、国立がん研究センター東病院などの研究拠点が位置しています。「柏の葉スマートシティコンソーシアム」は、柏の葉キャンパスエリアのさらなる発展に向け、民間と公共のデータが連携したデータプラットフォームを構築し、データ駆動型のスマート・コンパクトシティの形成を目指しています。

AIやIoTが活用されたデータ駆動型の街づくりの取り組み

モビリティ

自動運転バスの導入(2019 年度実証運行開始/2020 年度本格稼働)

2019 年に柏の葉キャンパス駅〜東大柏キャンパスの間のシャトルバス(運行2.6Km)に自動運転バスを導入。継続運行を通じて、技術の高度化を図りつつ、通常の路線バスへの導入に向けた事業性や社会受容性の検証を行う

駅周辺交通の可視化・モニタリング(2020 年モニタリング開始)

ETC2.0 プローブデータなどの交通系情報基盤により、駅周辺の交通状況を可視化・モニタリング。これにより地域内を走行する 車両の移動を把握し、都市機能の集積により高まる移動需要に対応する新たな移動サービスへの展開に活用。

ETC2.0 プローブデータ:ETC2.0 対応車載器と、道路上の無線機器が相互通信することにより得られる車両の走行履歴や挙動履歴などのデータ

エネルギー

域内施設のエネルギー関連データプラットフォームの構築(2021 年度本格稼働予定)

従来のAEMS システム(エリア・エネルギー・マネジメント・システム)を進化させ

  • データ蓄積量の増加
  • クラウド等を活用し横断的データ活用推進
  • データ活用予測による 電力融通の効率化

を実現。

柏の葉データプラットフォームとの連携を通じて、電力データに加え、気象データや人流データ等とも 連携し、まちの電力消費を効果的に減らす施策や省CO2 対策に活用。

太陽光発電パネルの劣化状況自動検知システムの導入(2020 年度本格稼働)

太陽光発電効率化のIoT プラットフォームを構築。パネルごとの発電状況を管理して、汚れや劣化状況の自動検知を行い、太陽光発電設備の発電効率を維持・改善。

パブリックスペース

AIカメラ・センサー設置とモニタリング、データ活用(2019 年度実証開始/2020 年度本格稼働)

駅周辺を中心とした施設・公園等に設置したAI カメラにより

  • 人流解析による公共空間の管理、開発、マーケティングへの活用
  • まちの混雑状況等の情報提供
  • 子供・高齢者の見守りなどの情報提供

を実施。環境センシングによりエリアの快適性の評価を行うとともに、最適な空間デザインの立案や施設の状況の把握に活用。

環境センシング:湿度、温度、揮発性有機化合物(VOCs)、PM2.5 やCO2 などのデータをセンサーにより取得すること

センシングとAI 解析による予防保全型維持管理(2019 年度実証開始/2020 年度本格稼働)

センシングにより路面下空洞解析データ・道路上の凹凸データを収集し、下水道管やマンホールのデータとあわせて一元可視化することにより、道路陥没等の危険度診断や原因推定を行い、事前に補修を行う等の予防保全型維持管理を実現。

ウェルネス

多様なデータを活用した健康サービス・アドバイスの提供(2020 年度本格稼働)

人とデータが集まりやすい駅前の住民参加型の健康づくり拠点「あ・し・た」の会員ネットワークを活かし、ウェアラブルデバイスやシート型圧力センサーによる活動量・睡眠量等のデータを効率的に収集し、個人に対応したきめ細やかな健康サービス・アド バイスを展開。

シート型圧力センサー:シートの形状をした圧力センサーとなり、睡眠時の呼吸や体動計測に活用される

介護・医療のレセプトデータや収集した活動量・睡眠量等のデータ分析から要介護者になりやすい生活習慣や 病歴の特性を抽出し、健康寿命の延伸に向けた公民が行う仕事・ボランティア・趣味サークル等の活動への参加を促す。

レセプトデータ:患者が受けた保険診療について、医療機関が保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療報酬の明細書データ

来院者の人流データを活用した患者の待ち時間軽減(2019 年度本格稼働)

病院到着後の患者の人流を測定・分析し、滞留箇所の特定と改善につなげる。通院患者が駅に到着した時点での遠隔チェックイ ンを実現することで、待ち時間を柏の葉エリアで有効活用し、病院への交通誘導(駐車場案内、バス案内)にもつなげる。

柏の葉スマートシティコンソーシアムでのデータ利活用方針

柏の葉スマートシティコンソーシアムでは、柏の葉エリアの人・環境・施設などに民間セクターにある情報を収集するプラットフォームと、行政サービスを通じて集まる情報を収集するプラットフォームの公民2つのぷらっとゴームを連携して、データを横断的に活用できる仕組みを構築していく予定です。

公共型プラットフォーム上ではオープンデータ化を促進することで、民間型のプラットフォームと連携したデータ活用が可能になり、分野を横断するデータの分析や利活用を通じて新たなアプリケーションやサービスの創出を行っていくとしています。

今後は他都市への展開も

今後は柏の葉エリアで得られるデータをデータプラットフォームを通じてサイバー空間で分析活用を行い、自動運転、人流解析、環境負荷低減、健康活動促進などのサービス提供や、発電の効率化、病院診断の効率化などの社会課題解決を図っていきます。

また、今回のモデル事業の実証で得られた実績とノウハウは、柏駅周辺などの中心市街地の活性化や、三井不動産のまちづくりやアーバンデザインセンターネットワークを通じて、他都市への展開を行っていくとしています。

アーバンデザインセンター(UDC):2006 年に柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)創設時に構想された、課題解決型=未来創造型まちづくりのための公・民・ 学連携のプラットフォーム。行政都市計画や市民まちづくりの枠組みを超え、地域に係る各主体が連携し、都市デザインの専門家が客観的立場から携わる新たな 形のまちづくり組織や拠点として、2019 年5 月現在までに、全国19 拠点に展開しています。

 

2019年6月5日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する