HOME/ AINOW編集部 /AIチャットボット「Concierge U」を提供する株式会社コンシェルジュが、総額2億円の資金調達を実施
2019.06.19

AIチャットボット「Concierge U」を提供する株式会社コンシェルジュが、総額2億円の資金調達を実施

最終更新日:

高機能AIチャットボット「Concierge U」を提供する株式会社コンシェルジュは、シリーズAラウンドとして株式会社 Orchestra Investment、およびエンジェル投資家複数名を引受先とし、総額約2億円の第三者割当増資等による資金調達を実施したと発表しました。

2016年に実施したシードラウンドにおける第三者割当増資に続く、シリーズAラウンドの資金調達です。

コンシェルジュが提供するAIチャットボット「Concierge U」は、プロダクト自体の柔軟性、操作性などが高く評価され、ANA、三井不動産、LIFULL、ニッポン放送、ウェザーニューズなど、多数の大手企業に導入頂くサービスに成長したといいます。

年次売上成長率は約220%、製品導入実績は既に有料課金ベースで100社を突破し拡大を続けています。

この度の資金調達により、対話マーケティング機能拡充、代理店プログラム、 グローバル展開を順次進めていくとしています。

コンシェルジュとは?
コンシェルジュは企業と顧客の距離を近づけることをテーマに、チャットボット対話エンジン「Concierge U」を開発するスタートアップ企業。カスタマーサポート領域、マーケティング領域などにおいて自然言語処理などの技術を活用したAIチャットボットを提供しています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】