HOME/ AINOW編集部 /立教大学と豆蔵が連携を発表 − AI研究と人材育成の早期社会適用へ
2019.08.05

立教大学と豆蔵が連携を発表 − AI研究と人材育成の早期社会適用へ

最終更新日:

株式会社豆蔵ホールディングスの事業会社である株式会社豆蔵と2020年4月に開設予定の立教大学大学院 人工知能科学研究科が、AI・人工知能分野の人材育成および産学連携教育の推進を目的に連携していくことを発表しました。

立教大学は、2020年4月に国内発のAI・人工知能に特化した大学院を開設します。第4次産業革命のコア技術である人工知能を用いて、ビジネスに新たな価値を生みだすことのできる人材の育成を行います。

豆蔵は、デジタルトランスフォーメーション実践の鍵となる人材育成についてビジネスに直結する、ビジネス数学、AI・機械学習、DX(デジタルトランスフォーメーション)セキュリティなどのオリジナルカリキュラムを開発し、企業への提供実績を多数保有しています。

この連携は、立教大学大学院 人工知能科学研究科が目指す、革新的な研究とビジネスの現場で即戦力となるAI関連人材の育成を目指した社会実装プログラムに豆蔵が共感したことで実現に至ったといいます。社会実装プログラムについて、詳しくは先述のAINOWによる立教大学大学院 人工知能科学研究科のインタビュー記事をご覧ください。

豆蔵からは、社会実装の事例とカリキュラムを知見として提供するほか、データサイエンティストを講師として派遣し、学生の支援ならびに、より良い支援プログラムの研究と設計を行っていくとしています。立教大学と豆蔵の実績・ノウハウを融合することで、人工知能技術のビジネス適用および人材育成の研究を推進し社会実装プログラムの充実を行います。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性