HOME/ AINOW編集部 /SENSYとデロイトトーマツ コンサルティングがアパレル業界におけるAIを活用した共同研究を開始
2019.08.06

SENSYとデロイトトーマツ コンサルティングがアパレル業界におけるAIを活用した共同研究を開始

最終更新日:

感性を解析するパーソナル人工知能開発のSENSY株式会社とデロイトトーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)がアパレル業界のバリューチェーンにおけるAIの活用について共同研究を開始すると発表しました。

SENSYの持つ消費者の行動予測技術とDTCのカスタマー&マーケティングソリューション部門の持つ顧客情報活用ノウハウを合わせ、顧客の消費行動と、バリューチェーンの各ポイントでの需要トレンドとの相関関係の研究を行うとしています。

また、今回の同研究には、TSIホールディングスなど、アパレル業界企業が一部解析データ提供を行う予定です。

今回の研究結果を元に、業務の効率化可能性を検証、また、将来の商品企画、運用計画に生かせるソリューションの開発を目指します。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立

購入率が17%増加!「子供の写真が見つからない」膨大なイベント写真から我が子を検索できる「はいチーズ!」で

ディープラーニングでナンバープレートを瞬時に消去 -個人データの保護が可能に

国内初のスマートシティの標準APIと都市OSに関する共同研究を開始

不在配送が9割減!AIによる不在配送問題解消に5者が合意

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減