HOME/ AINOW編集部 /世界初、メディアごとの意見の相違を瞬時に把握するニュース分析システム「LOGOS」が運用開始
2019.08.19

世界初、メディアごとの意見の相違を瞬時に把握するニュース分析システム「LOGOS」が運用開始

最終更新日:

自然言語処理技術を生かしたビジネス支援ツールを提供する東大発ベンチャーのストックマークが、 株式会社三井物産戦略研究所向けに論説ニュース分析システム「LOGOS(ロゴス)」の運用を開始したと発表しました。

LOGOSは1日に30万記事以上配信されるといわれる世界中の論説ニュース記事を収集し、話題別に集約するサービスです。ストックマークが開発・運営するWebニュースプラットフォーム「Anews(エーニュース)」のテキストマイニングやディープラーニングの技術をベースに開発されました。

その中からAIが各ジャーナリストやメディアの意見の対立分布を分析して注目に値するニュース記事や話題を自動的にピックアップし、三井物産戦略研究所ならではの独自の分析切り口や新しい視点を定常的に見出すことを支援します。地政学の多面的な分析が可能になったり、各ニュースが産業に与えるインパクトを考察することが可能になるとしています。

 

あなたにおすすめの記事

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手

【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」12期デモデイレポート

数クリックでAI予測モデル構築が完了 ーExcelに特化したプラットフォーム「Forecasting Experience」が正式リリース

コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了

ABEJAがCOVID-19を受けDXの重要性を表明 ー事業を継続できる保証はなくなった