HOME/ AINOW編集部 /100万種類以上の顔イラストがAIによって生成!「彩ちゃん(SAI)」が提供開始
2019.09.10

100万種類以上の顔イラストがAIによって生成!「彩ちゃん(SAI)」が提供開始

最終更新日:

クリエイティブAI開発のRADIUS5(ラディウス・ファイブ)が、100万種類以上の顔イラストをAIで生成する新サービス「彩ちゃん(SAI)」を提供開始したと発表しました。

クリエイティブで活用できるAIのプラットフォーム「cre8tiveAI」で利用可能です。

「彩ちゃん」はディープラーニングを用いてイラストの特徴を学習したAIです。イラストデータを保存したり、パーツを保存してイラストを生成するのではなく、さまざまなイラストとなり得るデータを学習することで、イラストがどんなものであるかを学習しています。

そのため、男性キャラ、女性キャラに関わらず多様なイラストを100万種類以上生成可能だとしています。

また、1枚のイラストを制作する場合、数時間〜数十時間の時間を要することもしばしば。「彩ちゃん」であれば1枚あたり0.1秒でイラストを描くことができるので、超高速にイラストを手に入れることが可能です。

イラストデータは商用利用も可能で、加筆・修正の利用も許諾されています。ゲームやアニメ、エンタメ関連業界での利用だけでなく、バナーやチラシなどでのビジネスユースだけでなく、APIによるシステム提供をも可能。個人ユースとしてSNSオリジナルキャラを設定するなどの利用も可能です。

また、利用者がキャラの選択を繰り返すことを通して、利用者の欲しいキャラを描く仕様になっています。選択したキャラを中心に14体の新しいキャラを描き、キャラの選択を続けていくうちに利用者が欲しいキャラに近づいていきます。

以下の動画から、イラストが生成される様子がご覧いただけます。

RADIUS5は今後、顔のイラストだけではなく、上半身や前身のイラストや3Dモデルの提供を目指して。研究開発を行っていくとしています。

 
▼YouTubeでもこの記事について解説中!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ディープラーニングでナンバープレートを瞬時に消去 -個人データの保護が可能に

国内初のスマートシティの標準APIと都市OSに関する共同研究を開始

不在配送が9割減!AIによる不在配送問題解消に5者が合意

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%