AIが就活生を自動で評価!AI面接サービスまとめ

最終更新日:

企業の採用活動にもAIの導入が進んでいます。

スマホのカメラを用いて学生が遠隔地で面接を行い、その録画された動画をAIが分析することで合格・不合格を判断できるようになっています。

そこで、今回はAIを生かした採用活動についてまとめていきたいと思います。

面接にAIを導入する企業が増加中

採用活動において、面接にAIを導入する企業は増加しています。
例えば、ソフトバンクは面接をAIに任せることでiPhoneやPepperを通して面接をすることが可能になっています。

そして、面接にAIを導入する企業は年々増加しています。将来は、就職活動において面接はAIと行うことが普通になるのではないでしょうか。

就活生はどのように面接を受けるか

AI面接を実施するにあたって、就活生は特に難しい操作をしたりする必要はありません。

例えば、企業の募集に応募すれば、企業から学生にAI面接のためのログインURLが送られてきます。学生はそのURLからアカウントにログインし、簡単な操作のみで面接動画を撮ることができます。

なお、質問事項は画面に表示されます。

AIが評価する仕組み

AI面接において、どのように応募者を評価しているのでしょうか。

AI面接では学生の音声をマイクが聞き取り、その内容や話し方をAIが分析します。また、カメラによって応募者の表情や動きを記録しAIが分析します。

そして、それらの分析結果から応募者のコミュニケーション能力や頭の回転、協調性などを総合的に評価します。

評価結果は数値として表示されますので、評価に曖昧さがないのが特徴です。

AI面接のメリット

企業が面接にAIを導入するメリットとしては、以下のものが挙げられます。

企業サイド

  • 応募者の多い面接を自動化することで、業務効率化ができる。
  • 面接官によって評価が曖昧だった部分を数値によって明確にできる。
  • コスト削減を実現できる。
  • 地方の優秀な学生の取りこぼしを防げる。

就活生サイド

  • 面接のために企業へ出向く必要がないため、負担軽減に繋がる。
  • 圧迫面接の心配がない。
  • 24時間いつでも柔軟に面接を受けられる。

このように、AI面接のメリットは企業と就活生のお互いにとって、負担を軽減できることにあります。
特に人手不足が深刻化する将来では、AI面接の需要がさらに高まると期待できます。

AI面接のデメリット

確かに、AI面接にメリットは多いですが、反対にデメリットが存在することも事実です。

具体的には、以下のものが挙げられます。

企業サイド

  • AIはブラックボックスのため、なぜそのような評価なのかわからない。
  • 優秀なのに不合格になる応募者が発生するリスクがある。
  • 中小企業によってはコストが高く感じられる可能性がある。

就活生サイド

  • AIによってどこがどのように評価されているのかわからない。
  • ブラック企業の可能性がある。
  • 企業に訪れられないため、会社の雰囲気がわからない。

このように、評価の不透明さやAIの不完全さといった、AIならではの問題が生じる可能性があります。また、実際に人と合わないからこそのリスクがあるのも事実です。

そういったことから、AIを使うことで発生するリスクを軽減するような仕組みも必要です。

AI面接サービス4選

SHaiN(株式会社タレントアンドアセスメント)

株式会社タレントアンドアセスメントが開発した、世界初のAI面接用のサービスです。

国内の大企業や中小企業など20社を超える企業に使用されています。

スマホで面接を受けられるため、24時間365日面接をすることができます。また、面接終了後には応募者一人一人の性格や人柄を分析したレポートを人事が受け取ることができます。

面接では質問への答えと動作から応募者を評価します。対人影響力やバイタリティ、ストレス耐性を60分から90分ほどかけて性格に分析することができます。

HireVue(タレンタ社)

アメリカで開発され、タレンタ社によって代理販売されています。

録画面接とリアルタイムの面接をすることができ、言葉や音声、表情をAIが分析することで自社に合った人材かどうかをランク付けすることができます。

大量の応募者を一気に面接し選別できるため、採用担当者は本来の仕事に集中することができるようになります。

AI Interview(KNOWRU LIMITED)

引用:https://www.ai-interview.com/en

スマートフォンを通したビデオ面接を行い、応募者の適性や性格を分析することができます。

また、面接の他にプログラミングのテストを実施して持っているスキルのレベルも分析できるのが特徴です。

応募者は都合の良い時に面接を受けることができ、AIが全て分析してくれますので、面接官と応募者の双方にとって時間短縮に繋がります。

そして、面接でのカンニングペーパーや替え玉受験対策にも力を入れています。

VCV(VCV Inc.)

引用:https://vcv.ai/

電話による面接およびビデオによる面接を通じて、採用活動を効率化できるサービスです。

応募者の質問に対する答えをAIによって、適性や性格を正確に分析します。面接官はその分析結果を元に合否を判断することで業務効率化に繋がります。

AI面接以外にも自社に合った人材の自動検索やチャット機能も使うことができますので、採用担当者にとって非常に便利なサービスだと言えます。

AI面接突破のコツは常に問題意識を持って物事に取り組むこと

AI面接では応募者が今までどのような経験をし、どのように物事に取り組んできたかが重視されます。ただ自分がやりたいことやできることを発言するだけでは不十分で深掘りされてしまいます。

どのような状況下で、どのような課題があったのか。そして、それに対してどう行動してどんな結果をもたらしたのかをしっかりと答えられることが大切です。学生であればサークルやアルバイト、社会人であれば仕事など課題意識を持って取り組むことでAI面接もスムーズに進められるようになります。

そういったことから、対面の面接でもAI面接でも求められることは大きく変わることがありません。

また、AI相手で人が見ていないからといって、手を抜いていいわけではありません。身だしなみや雰囲気も評価されますので、裸やパジャマで受けてしまうとそのこともレポートとして会社に送られることになります。テレビやスマホを見ながら片手間に受けるのもふさわしいとは言えません。

AI面接であっても相手が人のつもりで受けるようにしましょう。

 

まとめ

大量の応募者一人一人と採用担当者が面接していては、多大な時間を取られてしまうだけでなく、一人一人と向き合う時間が限られてしまうことで応募者の人柄や能力が正しく把握できないこともあります。

しかし、面接にAIが導入されれば、今までかなりの時間を取られていた面接を自動化し、採用活動の効率化に繋がります。また、自社に合いそうな応募者にかけられる時間も増えるため、採用のミスマッチも増えにくくなると期待できます。

そういったことから、今後はAI面接を導入する企業は増加し、就活生はAIと面接をするのが普通の時代になるかもしれません。

2019年10月1日 2019年11月19日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する