HOME/ AINOW編集部 /G検定の合格者は累計14,523名に ーJDLA主催 G検定の結果が発表
2019.11.18

G検定の合格者は累計14,523名に ーJDLA主催 G検定の結果が発表

最終更新日:

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す日本ディープラーニング協会(JDLA)は、2019年 第3回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #3」(以下G検定)を11月9日(土)に実施し、その結果を発表しました。

今回の申込者数は6,786名(前回は5,387名)、受験者数は6,580名(前回は5,143名)で、そのうち合格者数は4,652名(前回は3,672名)で、受験者数に対する合格率は70.7%でした。過去6回の実施を経てG検定の累計受験者数は21,275名に登り、累計合格者数は14,523名となりました。

 

なお、2020年は3月14日(土)、7月4日(土)、11月7日(土)の3回の実施が予定されています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立

購入率が17%増加!「子供の写真が見つからない」膨大なイベント写真から我が子を検索できる「はいチーズ!」で

ディープラーニングでナンバープレートを瞬時に消去 -個人データの保護が可能に

国内初のスマートシティの標準APIと都市OSに関する共同研究を開始

不在配送が9割減!AIによる不在配送問題解消に5者が合意

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減