HOME/ AINOW編集部 /エクサウィザーズ、FAQ検索エンジン「Qontextual」をリリース
2020.01.16

エクサウィザーズ、FAQ検索エンジン「Qontextual」をリリース

最終更新日:

株式会社エクサウィザーズは、 FAQ検索エンジン「Qontextual」(コンテクスチュアル)を2020年1月16日(木)から提供開始しました。

質問回答や文章分類、 意味検索などが可能なエンジンで、 ホームページ内の検索高度化や コールセンターの業務支援、 窓口業務支援、 ChatBotの回答精度の向上、 社内マニュアルなどの検索高度化、 技術職のマニュアル代替などへの活用が想定されています。

また、企業内にあるQ&AデータをExcelファイルでそのまま取り込むだけで即時学習し、 質問の文脈に合わせて “検索意図に最も近いもの”を自動分析して検索、 適した順に回答してくれるため、 企業が導入している従来のQ&Aシステムなどよりも早く簡単に、 高品質なサービスを導入できることが特徴です。

従来の言語処理システムでQ&Aシステムなどを構築すると、 「自然文で検索するとうまく回答結果が出ない」「良くある質問のカテゴリ設定・分類など導入やメンテナンスに工数がかかる」など、 実用化に向けた課題がありました。Qontextualは、 シンプルなアーキテクチャと事前学習済みの自然言語データによって、 さまざまな異なるデータセットにおける複数のタスク解決を従来のシステムよりもさらに高速に実現するとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Web3時代に企業や社会が取るべきAI戦略の形|『ExaWizards Forum 2022』イベントレポート

OpenAIはChatGPTの書き込みを識別する鍵を持っている

バイトルのデータでAIを実装するエンジニア募集

【無料あり】ノーコードツールおすすめ15選 – 特徴や料金を徹底比較

ChatGPTだけではない。大手テック企業による会話AI開発の最前線

あなたにおすすめの記事

Web3時代に企業や社会が取るべきAI戦略の形|『ExaWizards Forum 2022』イベントレポート

OpenAIはChatGPTの書き込みを識別する鍵を持っている

バイトルのデータでAIを実装するエンジニア募集

【無料あり】ノーコードツールおすすめ15選 – 特徴や料金を徹底比較

ChatGPTだけではない。大手テック企業による会話AI開発の最前線