アイデミー、総額8.3億円の資金調達を実施 -プラットフォーム事業展開も示唆

最終更新日:

AIに強い人と組織体制を構築するための支援を行う株式会社アイデミーが、東京大学が承認するUTEC4号投資事業有限責任組合をリードインベスターとし、新たに2社の事業会社、2社の投資会社と4名の個人投資家を引受先とする総額8.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。

今回を含む累計での資金調達額は総額で9.4億円になります。

アイデミーは、2017年12月にAI学習プラットフォーム「10秒で始めるオンラインAI学習サービスAidemy」を開始しました。ユーザー数は順調に拡大し、ESP総研による調査(2019.9時点)によると、AIのオンライン学習サービスにおいてNo.1のユーザー数を獲得しています。

また、2018年からは、法人向けのサービスの提供を開始し、教育研修を入り口としてプランニングや運用まで一貫した企業のAIプロジェクト内製化支援に力を入れています。

企業のAI活用ニーズが今後とも高まっていく中で、これまでの株主に加え、新たに2社の事業会社と投資会社、個人投資家がチームに加わり、拡大するニーズに対応すべく、法人向けサービスの拡充へ注力していくとしています。

調達した資金は、現在開発中であるAIプラットフォーム事業※の開発の促進と教育研修サービス内コンテンツの拡充に充てる予定です。これにより、新たな価値を生み出すとともに、さらなるユーザーの拡大を目指し開発・運営体制の強化に投資していくとしています。

※AIプラットフォームとは、アイデミーの独自技術や管理画面を提供し、AI プロジェクトを「コストが安く」「最先端実装を踏まえて」「わかりやすく」実運用できるパッケージシステム

2020年1月30日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する