5GとAIの組み合わせで大量の画像を現場で処理可能に! 橋梁点検システムが実証実験に成功

最終更新日:

ドローンの販売などを手がける株式会社WorldLink & Companyが、 金沢大学の藤生慎准教授らの研究グループと協同開発を進めている橋梁点検システムが、 5GとAIを活用した実証実験に成功したと発表しました。

日本では、 高度経済成長期に建設されたインフラの高齢化が一斉に進み、その維持管理が社会課題になっています。2メートル以上の長さの橋梁は、管理者が5年に一度の近接目視点検が義務付けられ、定期的な点検を行い、措置の必要性などを判断し、保全を行っています。一方で、財源や人材の不足に悩む地方公共団体は増え、橋梁の近接目視点検を続けることが困難になっている現状があります。

また、点検員によって点検の診断結果にばらつきが生じることが指摘されており、 より効率的で点検者の客観性・正確性・効率性・公平性が担保された新たな点検・診断手法が求められています。

そんな背景の中で、効率的な点検作業の実現を目指し、 橋梁写真の画像データをAIを活用して分析する点検診断技術の研究が進められています。 しかし、 診断に必要な画像のデータ容量や枚数が膨大であり、 インターネットを介した画像伝送に時間がかかってしまうという課題がありました。

WorldLink & Companyと金沢大学の研究グループが共同開発した橋梁点検システムは5Gの高速・大容量の通信を活用してAI診断に必要な画像を伝送し、 AI診断結果の出力に成功しました。5Gを利用することで、橋梁の画像を持ち帰ってローカルサーバーに直接画像を取り込む必要がなくなり、現場で橋梁の状態を診断し、損傷が確認できるようになったといいます、

この点検システムは「ドコモオープンイノベーションクラウド」上に構築され、インターネットを介さずに大容量データを低遅延でドコモの通信網内のクラウド基盤へ伝送が可能となりました。

実証試験は2020年2月3日から2020年2月12日にかけて株式会社NTTドコモ北陸支社内の5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ」で行われました。超高解像度カメラで撮影された橋梁の点検の写真を5Gプレサービス環境下でアップロードし、 AIによる解析を行う橋梁点検を模擬し、 運用することに成功しました。

実証実験の成功を受け、WorldLink & Companyはこの橋梁点検システムをベースに、 ユーザインターフェースなどをさらににブラッシュアップした上で2020年中の商用サービスの提供開始を目指しているとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する