HOME/ AINOW編集部 /AIでアニメ映像を4K・8Kサイズに変換できる「AnimeRefiner」をRADIUS5がリリース
2020.02.19

AIでアニメ映像を4K・8Kサイズに変換できる「AnimeRefiner」をRADIUS5がリリース

最終更新日:

AIでアニメ映像を4K・8Kサイズに変換できる「AnimeRefiner」をRADIUS5がリリース
クリエイティブ領域におけるAI開発を行うラディウス・ファイブが、AIによってアニメーションを高解像度に変換できるサービス「AnimeRefiner」提供開始しました。

4Kテレビの普及に伴い、4Kコンテンツのニーズも高まっています。
しかしながら、4Kコンテンツの制作には撮影・制作機器などを4K対応するために、膨大な投資が必要です。そのため動画配信サービスでは、まだまだ4Kコンテンツが不足しているのが現状です。

4Kとは、フルHDの4倍の画素数を持つ映像規格のことです。従来より高い解像度で映像を楽しむことができます。8Kは4Kの4倍なので、一層美しい映像になります。

作成:AINOW編集部

多くのコンテンツがフルHD映像でそのまま視聴されたり、実際の4K品質とは異なる4K相当に変換(アップコンバート)された映像で視聴されています。

ラディウス・ファイブが新たに開発した「AnimeRefiner」は、AIを用いてHDサイズのアニメなら4Kサイズ以上に、またフルHDのアニメなら8Kサイズにまで変換が可能です。これにより過去のアニメタイトルを4Kテレビ用に高解像度化でき、今後制作するアニメタイトルにおいても、この技術を使うことで、4K・8Kサイズのコンテンツ制作にかかる制作現場の負担を低減することが可能になります。

「AnimeRefiner」の特徴は、ディープラーニングを活用することで、従来の画像を引き伸ばして中間を補間する変換(アップコンバート)技術では不可能だった、高品質な状態での高解像度化を可能にしたことです。高解像度化AI「PhotoRefiner」(https://cre8tiveai.com/pr)で培った独自のAIモデルにより、アニメを縦横4倍のサイズに高解像度化できるといいます。低解像度な動画と高解像度な動画の特徴を大量に学習したAIは、これまでの技術とは比較にならないほど美しくアニメを高解像度化することができます。

※「480×270px」から「1920×1080px(Full HD)」に変換した際の比較

アニメ『ミルキーパニック -twelve-』 ©TOMASON upconverted by RADIUS5 Inc.

また、今回の新サービスリリースを記念して、高解像度化を希望するコンテンツホルダーを対象に先着10作品限定で「AnimeRefiner」無料体験キャンペーンが実施されます。

キャンペーン概要
募集期間:2020年2月19日~2020年3月31日 ※限定10作品
申込方法:WEBページの問い合わせフォーム(https://animerefiner.com)よりご連絡ください。
※無料キャンペーンには適用条件がございます。詳しくはお問い合わせフォームをご確認ください。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験