衛星データプラットフォーム「Tellus」が Ver.2.0 を提供開始 ー 衛星データなども取引可能なマーケットもリリース

インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社は、経済産業省事業として運用している、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」のVer.2.0を2020年2月27日(木)より提供開始すると発表しました。

Tellusは、さくらインターネットが経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」として、開発・運用に取り組んでいる衛星データプラットフォームです。

衛星データや衛星データを扱うさまざまなツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングおよび衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、そして衛星データを活用するためのドキュメントを提供するオウンドメディアといった機能を有し、原則無料で提供されています。

また、Tellusには衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載しています。

TellusVer.2.0では、Tellus公式サイトのデザイン・コンテンツが刷新されたほか、Tellusの操作環境であるTellusOSの操作性が、衛星データや地上データをより分析しやすいように改善されています。

Ver2.0 Tellus公式サイトリニューアルトップページ

また、衛星・地上などから取得できるデータ、解析用のアルゴリズム、Tellus上のデータもしくはアルゴリズムを利用して制作したアプリケーションを安全に取引可能なサービス「Tellusマーケット」もリリースされます。

Tellus Ver.2.0のアップデート内容

Tellus OSのUI/UX(操作性)を改善

Tellus OSは衛星データを手軽に見たい、開発環境で使用するデータを探したい人がデータを閲覧し、操作することができる環境です。

今回は、直感的に操作できるようにするためのデザインのリニューアルと同時に、興味がある場所・時刻を基準にしてデータを検索することができるように機能が改善されています。

また、後述するTellusマーケットで購入したアドインも連携し、より簡易にデータを分析できるようになりました。

Tellusマーケットを追加

Tellusマーケットは、プロバイダのさまざまなツール(衛星・地上などで取得できるデータ、解析用のアルゴリズム、Tellus上のデータもしくはアルゴリズムを利用して制作したアプリケーション)を広く一般の法人や個人が安全に取引可能なサービスです、

さまざまなツールをECサイトのようなUIで検索し、購入することができます。マーケットで購入したものはTellusの開発環境やTellus操作環境(Tellus OS)で利用することができるようになります。

【2月27日時点で参加するプロバイダ】

2月27日時点のTellusマーケット上で見られるデータは以下の2社のデータです。

  • 一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)
    地表面変位計測サービス RISE(RESTEC Interferometry SErvice)
  • 株式会社島津ビジネスシステムズ 以下のデータ API を利用できるようになります。
    降水予測・降水観測情報・雷観測情報

【3月以降に参加するプロバイダ】

今後、Tellusマーケット上に追加される予定のデータは以下となります。

  • 株式会社ドコモ・インサイトマーケティング
    人口統計データ「モバイル空間統計®」(サンプルは既にTellusで公開済み)

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する