HOME/ AINOW編集部 /LINE がAI事業のパートナー募集を開始 ―LINE BRAIN に関するデータや資料を活用可能
2020.03.17

LINE がAI事業のパートナー募集を開始 ―LINE BRAIN に関するデータや資料を活用可能

最終更新日:

LINE 株式会社は、法人向け AI 事業「LINE BRAIN」において、AI 領域の社会実装促進やマーケティング最適化を目的としたパートナー制度「LINE BRAIN Partner Program」を開始しました。

「LINE BRAIN」は、LINEが販売する AI製品の総称です。これまで LINEが培ってきた AI 技術を外部企業等に向けて提供しています。

▼LINE BRAINに関して詳しくはこちら

また、 AI 社会実装を促進をために、AIに関する豊富な知見を持つ企業をパートナ ーとして認定し、その活動を支援するパートナー制度「LINE BRAIN Partner Program」を開始します。

パートナーは、大きく3つのジャンルに分かれています。

まず、LINE BRAINの拡販を行う『Sales Partner』。そして、製品の導入・運用のサポートを行う『Product Partner』。最後に自社ソリューション・ツールに LINE BRAINや保有する技術を導入・連携する『Solution Partner』です。

現在、各ジャンルで実績やノウハウを持つ企業と先行プロジェクトを実施しています。

パートナーは、ソリューション活動をスムーズに行えるようにLINE BRAIN に関するデータや資料を活用可能です。また、導入・運用にかかわる部分においては案件紹介や製品に関する技術トレーニングを受けられます。

LINE BRAINは対象分野における実績、クライアントに対する知識の豊富なパートナーとの協力により、新しい価値やより価値ある体験をユーザーに提供できるとしています。

▼LINEのAIについて詳しくはこちら

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面