HOME/ AINOW編集部 /AIを使って秒で発明を生み出すことは可能か? 「AIを使った発明創出プログラム」が開始
2020.04.06

AIを使って秒で発明を生み出すことは可能か? 「AIを使った発明創出プログラム」が開始

最終更新日:

特許調査プラットフォーム「Amplified」の開発を手がけるamplified ai, inc.と発明創出のフレームワークを持つTechnoProducer株式会社は、共同で「AIを使った発明創出プログラム」を2020年5月より提供開始すると発表しました。

従来数日かかった特許調査が数秒で行え、未経験人材でも迅速な権利化が可能になるといいます。発明の創出と強力な権利化を支援することで、創造的な個人と企業の発展に貢献していくとしています。

企業では技術の多様化と開発サイクルの短縮により、その人材不足が慢性化しています。特許権利化の質とスピードをいかに維持するかが深刻な課題となっています。この問題に対し、現在多くの企業がAIツール導入を検討していますが、これまでAI技術の精度不足とAIと人間が協業する際の明確なフレームワークが無いことから、未改善の状態が長く続いていました。

今回のプログラムは、一流グローバル企業の技術者7500名以上が学んだTechnoProducer社の発明創出のフレームワークと、Amplified社の最先端の人工知能技術を搭載したAI調査ツール「Amplified」を組み合わせて提供されます。

フレームワークで技術の核心を捉え、AIツールで高度な技術知識と調査スキルを補完します。このAIとのハイブリッド作業を通じ、未経験人材でも、発明アイデアを迅速に権利化できるようになるといいます。

さらに、従来ツールでは数日間かかる特許調査がAIで数秒に短縮されることから、発明の初期段階から特許調査の反復が可能となり、最終的に牽制力のある「強い特許」の継続的な出願が企業規模を問わず可能になります。

amplified ai, inc. 
1億以上ある世界中の特許を全て学習/マップ化に成功した人工知能技術を有する企業

CEO:サムエル デイビス
設立 :2017年2月
本社:米国サンフランシスコ
事業内容:人工知能の開発、特許調査プラットフォーム「Amplified」の開発運営

TechnoProducer株式会社
一流グローバル企業から技術者7500名以上が習得した発明創出フレームワークを保有する企業。
代表取締役 :楠浦 崇央
設立 :2008年3月
本社:東京都中央区
事業内容:発明・知財eラーニング「e発明塾」の開発運営、知財開発・新製品・新規事業創出支援サービス「発明塾」の開発運営

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】

2020年6月のAI関連イベントまとめ

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手