HOME/ AINOW編集部 /受験料が半額!G検定の申し込みが開始、〆切は6/26
2020.05.19

受験料が半額!G検定の申し込みが開始、〆切は6/26

最終更新日:

 

日本ディープラーニング協会は、2020年7月4日(土)に開催を予定している2020年 第2回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #2」(G検定)の受験申込を、2020年5月15日(月)13:00より受付開始しました。

新型コロナウイルスの感染拡大による在宅期間長期化を受け、在宅での学習を支援するため、今回に限り半額の受験料で実施されます。G検定はオンラインでの受験となり、在宅で受験可能です。

<2020年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)概要>
名称  : JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #2
概要  : ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
受験資格: 制限なし
試験概要: 120分、小問214問(前回実績)、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲: シラバスより出題
受験料 : 一般6,000円(税抜)、学生 2,500円(税抜)
※通常の受験料は一般12,000円(税抜)、学生5,000円(税抜)今回に限り受験料半額
試験日 : 2020年7月4日(土)13:00より120分
申込期間: 2020年5月15日(金)13:00 ~ 2020年6月26日(金)23:59
申込  : G検定受験サイトから申し込み(クレジットカードまたはコンビニ決済)
団体受験についてはこちら

次回2020年第3回となるG検定は、11月7日(土)の開催を予定しています。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか