HOME/ AINOW編集部 /マイクロソフト認定試験「AI-100」対策講座が日本初開講
2020.06.04

マイクロソフト認定試験「AI-100」対策講座が日本初開講

最終更新日:

クラウドサービス内の技術選定やシステム構成の決定の知識を有するエンジニアやビジネスとエンジニアの橋渡しをできる人材の必要性が増しています。マイクロソフトはこのような人材であることを証明する資格試験「AI-100 Designing and Implementing an Azure AI Solution」 を公式に立ち上げています。

この試験を合格することで認定資格「Microsoft Certified Azure AI Engineer Associate」が付与されます。

試験内容が多岐に渡るAI-100では、 試験対策講座が今まで開設されていませんでした。

そして今回、日本マイクロソフトとトレノケート、キカガクの3社が協力し、 AI-100試験対策講座を日本で初めて開始しました。

新型コロナウィルス問題を考慮し、今後提供するAI-100試験対策コースは集合研修からオンライン研修で行われます。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来