HOME/ AINOW編集部 /マイクロソフト認定試験「AI-100」対策講座が日本初開講
2020.06.04

マイクロソフト認定試験「AI-100」対策講座が日本初開講

最終更新日:

クラウドサービス内の技術選定やシステム構成の決定の知識を有するエンジニアやビジネスとエンジニアの橋渡しをできる人材の必要性が増しています。マイクロソフトはこのような人材であることを証明する資格試験「AI-100 Designing and Implementing an Azure AI Solution」 を公式に立ち上げています。

この試験を合格することで認定資格「Microsoft Certified Azure AI Engineer Associate」が付与されます。

試験内容が多岐に渡るAI-100では、 試験対策講座が今まで開設されていませんでした。

そして今回、日本マイクロソフトとトレノケート、キカガクの3社が協力し、 AI-100試験対策講座を日本で初めて開始しました。

新型コロナウィルス問題を考慮し、今後提供するAI-100試験対策コースは集合研修からオンライン研修で行われます。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」