HOME/ AINOW編集部 /月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に
2020.06.26

月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に

最終更新日:

アトムテック株式会社は、小売店、飲食店での3密(密閉・密集・密接)を防ぐためAIにより店内の混雑状況を掲出し、入店者数を制御できるサービス「AI人数カウント」を2020年7月より500円(税込)から利用できるサービスとして開始します。

現在、新型コロナウイルスに伴う非常事態宣言が全国的に解除され、経済活動の再開に伴い、小売店や飲食店等の実店舗も営業を再開しています。

しかしながら、依然として第二波への警戒が必要な状況であるため、ソーシャルディスタンスを常に意識し、周囲にも思いやりを持って接することが問われています。

その一方、小売、飲食店の店舗は多種多様で、入店するまで店内の混雑具合がわからない状況が多々あります。 そんな状況の中、各店舗ではスタッフにも来店客にも、安全・安心な営業を行うため、密を避ける感染拡大防止への取り組みが求められています。

また、AI人数カウントサービスはさまざまな企業が提供していますが、小規模な店舗で導入するには高額な費用がかかってしまうのが実情です。

アトムテックは自社で製造販売しているATOM Camを活用し、手頃な価格で「AI人数カウント」サービスの提供はできないかと考え、開発に至ったといいます。

2,500円(税込・送料別)のATOM Camと、月額500円(プランやカメラ台数により価格は変動)で導入可能です。

【実装予定機能】
  • 人数カウントをするための画像をAIサーバーにプッシュする頻度を設定が可能
  • 店名を設定可能
  • 現在の人数の表示/非表示を設定可能
  • 警告を出す上限人数を設定することができます。(設定した上限人数の80%になると警告の表示になります。)
  • 入店/警告/停止の場合の表示する文章を設定可能
  • 店頭掲示用の専用タブレットアプリは「入店/警告/停止」の表示と設定しているカメラの選択のみができます。
  • 表示されているQRコードからURLを読み込むことで、ブラウザより入店数をリアルタイムで確認可能。(店頭にて入店しなかった客が店頭を離れても混雑状況を確認可能。)

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来