HOME/ AINOW編集部 /おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立
2020.07.10

おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立

最終更新日:

メタモ株式会社は、グループ企業として子会社の「Metamo Technologies株式会社」を設立しました。ベビーシッターを利用するご家庭に安心のAIカメラを安価に提供し、社会的な課題を解決する技術集団です。

Metamo Tech社は、日本国内において自社サービスを迅速に提供する技術集団として設立されました。AI(人工知能)を活用した映像処理技術リアルタイムデータ処理技術に長けていて、近日中に次の2つの新サービスを日本国内でリリースする予定です。

近日リリースの新サービス「メタモAIスマートカメラ」

メタモAIスマートカメラは、自宅にいる家族を見守る次世代のAIカメラとして、家庭に高性能な防犯カメラを安価で簡単に導入できるサービスです。

深層学習に特化した小型AIエッジデバイス

Metamo Tech社では、米グーグルから提供される専用回路を搭載した小型のAIエッジ端末「Metamo BOX」を開発しました。

宅内にMetamo BOXを設置することで、カメラ映像から異常を検出する際に、インターネットを介することなく人工知能を活用した処理を行うことができます。その結果、プライバシーに配慮したサービスを実現しました。

米Google社提供の専用チップ採用

特徴の一つは、ベビーシッターやハウスキーパーを依頼している家庭に特化した機能も備えている点です。おむつ交換や虐待が疑われる場面などを自動的に検出します。

宅内に設置する複数台のカメラをMetamo BOXがコントロールするため、煩雑な設定や操作は必要ありません。侵入検知などの防犯カメラとしての機能もあります。

近日リリースの新サービス「keyDB.」

keyDB.は、昨今増加している個人間取引に着目した、取引相手の証明書や実在証明を電子上で行う「eKYC」を個人でも利用できるサービスです。

これまで、銀行や証券会社が本人確認のためにeKYCを用いてきました。

しかし、個人でも手軽に利用できるようにすることで、身分証明書の真贋判定などを実現するだけでなく、個人情報を提出する側にとっても情報の二次利用などを避けることができます。

料金は利用毎に発生する方式のため、月額契約などが不要なことも特徴です。

個人間取引でのトラブルを防ぐことは社会的に必要不可欠であるため、Metamo Tech社がこのサービスを提供することで安心を提供し、個人間取引の市場拡大に寄与していきます。

今後も、Metamo Tech社は社会的課題に対してテクノロジーを用いて迅速に解決する企業として活躍するでしょう。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか