HOME/ AINOW編集部 /ブランドや商品の消費者ベネフィットをピンポイントで解析可能ー「AIGENIC」を8月からリリース
2020.07.28

ブランドや商品の消費者ベネフィットをピンポイントで解析可能ー「AIGENIC」を8月からリリース

最終更新日:

消費者の発信や拡散力の影響力が急増していることを受けて、PXC株式会社は業務提携をしているAIQ株式会社と、消費者ベネフィットをAIが解析するクラウド型マーケティングリサーチサービス「AIGENIC」を共同開発しました。

AIGENICは2020年8月1日より提供される予定です。

AIGENICとは、調べたい「商品名・サービス名・ブランド名」を登録すると、それをAIがソーシャル上の“画像・ハッシュタグ・つぶやき”から解析して、あらゆる指数から消費者ベネフィットをサマリで表示するクラウドサービスです。

自社や競合などの人気理由を知ることで、次のような領域業務に活用することが可能となります。

  • マーケティング
  • 商品開発
  • プロモーション
  • クリエイティブetc…

AIGENICは商品のポジティブ要素を中心に調査して、より魅力的な見せ方やプロモーションを追求することをコンセプトにしてます。ネガティブ要素はAIがチューニングでが排除します。

そのためAIGENICは、各サービスの魅力を追求するサービスです。

サービス仕様イメージ

よりピンポイントな調査が可能に

従来の調査は、「20代30代女性は○○にいくら使っている?」といったような抽象度が高いマーケット全体の調査などに向いていました。しかし、そのような調には、商品にフォーカスしたオーガニックなベネフィットを調査しづらいという課題がありました。

また、近年出てきたセンサーやカメラなどを活用したリサーチも同様です。

しかし、AIGENICでは、商品名・ブランド名を中心にリサーチできるため、担当者の手間をかけずにピンポイントで自社や競合や世の中の流行りをリサーチすることができます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

あなたにおすすめの記事

Generative AI Japan|産官学連携で世界に通用する競争力の獲得を目指す

生成AI時代の人材育成|海城中学高等学校物理部がAI班を作ったワケ

GPT-4oはクレイジーだ―思わず言葉を失うような(信じられない)6つの使用例を紹介

社内の生成AIにおける「回答精度の低さ」をどう克服する?|株式会社クレディセゾンCTOに訊く

博報堂DYグループの挑戦|Human-Centered AI Institute が問うAIと人間の新しい関係性

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー