HOME/ AINOW編集部 /ブランドや商品の消費者ベネフィットをピンポイントで解析可能ー「AIGENIC」を8月からリリース
2020.07.28

ブランドや商品の消費者ベネフィットをピンポイントで解析可能ー「AIGENIC」を8月からリリース

最終更新日:

消費者の発信や拡散力の影響力が急増していることを受けて、PXC株式会社は業務提携をしているAIQ株式会社と、消費者ベネフィットをAIが解析するクラウド型マーケティングリサーチサービス「AIGENIC」を共同開発しました。

AIGENICは2020年8月1日より提供される予定です。

AIGENICとは、調べたい「商品名・サービス名・ブランド名」を登録すると、それをAIがソーシャル上の“画像・ハッシュタグ・つぶやき”から解析して、あらゆる指数から消費者ベネフィットをサマリで表示するクラウドサービスです。

自社や競合などの人気理由を知ることで、次のような領域業務に活用することが可能となります。

  • マーケティング
  • 商品開発
  • プロモーション
  • クリエイティブetc…

AIGENICは商品のポジティブ要素を中心に調査して、より魅力的な見せ方やプロモーションを追求することをコンセプトにしてます。ネガティブ要素はAIがチューニングでが排除します。

そのためAIGENICは、各サービスの魅力を追求するサービスです。

サービス仕様イメージ

よりピンポイントな調査が可能に

従来の調査は、「20代30代女性は○○にいくら使っている?」といったような抽象度が高いマーケット全体の調査などに向いていました。しかし、そのような調には、商品にフォーカスしたオーガニックなベネフィットを調査しづらいという課題がありました。

また、近年出てきたセンサーやカメラなどを活用したリサーチも同様です。

しかし、AIGENICでは、商品名・ブランド名を中心にリサーチできるため、担当者の手間をかけずにピンポイントで自社や競合や世の中の流行りをリサーチすることができます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

ゲームAIの最先端を独占取材!|スクウェア・エニックスのAIに迫る

世界最大容量の伝送を実現する光伝送技術を開発|富士通株式会社に迫る

あなたにおすすめの記事

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

ゲームAIの最先端を独占取材!|スクウェア・エニックスのAIに迫る

世界最大容量の伝送を実現する光伝送技術を開発|富士通株式会社に迫る