HOME/ AINOW編集部 /LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】
2020.08.03

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

最終更新日:

2020年7月29日〜8月5日の期間で「LINE AI DAY」がオンライン開催されています。

LINE AI DAYは、LINEの法人向けAI製品・ソリューションに関するカンファレンスです。

7月29日には、LINE 取締役 CSMOの舛田 淳氏や、執行役員 AIカンパニー カンパニーCEOの砂金 信一郎氏、パートナー企業である出前館なども登壇し、LINEのAI技術の展望について講演しました。

DXに必要なことはCXを高めていくこと

講演の中で桝田氏は、DXに必要なのはAIとデータであるとし、この2つを使っていかにDXを起こしCX(顧客体験価値)を高めていくのかが重要であると強調しました。

そして今回のカンファレンスでは、LINEが力を入れて取り組んできた、チャットボット音声認識、音声合成などを組み合わせて電話での自動応答を可能にする「AiCall」と高度な認識技術で文字認識を可能にするOCRを組み合わせた「eKYC」の話題を中心に、さまざまな業界のキープレーヤーがセッション別に講演しています。

いくつかのセッションは期間中、イベントサイトから自由に見ることができます。

新ブランド「LINE CLOVA」を展開

また、LINEは、スマートスピーカーを製造、販売し、それをB2Bの形で企業に提供していた「LINE Clova」の事業と、要素技術をそれぞれAPIの形で企業に提供する「LINE BRAIN」の事業をそれぞれ個別に推進していましたが、今回この2つを1つに統合して「LINE CLOVA」というブランドとして展開していくことを発表しました。

LINE株式会社 執行役員 AIカンパニー カンパニーCEOの砂金氏はこの発表で、「AIというと小難しいものと思われるかもしれませんが、皆さんが日頃業務や生活のなかで抱えていらっしゃる面倒くさいとか煩わしいというものをAIが肩代わりしていくような、そんな人に寄り添ったAIの実現をしてまいりたいと思います。」と語りました。

LINE株式会社 執行役員 AIカンパニー カンパニーCEOの砂金 信一郎氏のインタビュー記事はこちら▼

会議の議事録を書き起こす「LINE Note」を開発中

さらにLINEは、会議の議事録を書き起こす「CLOVA  Note」というツールを開発中であることを発表しました。

提供時期や価格等の詳細に関しては年内に発表予定だということです。

LINE AI DAY、8/5まで開催中!

LINE AI DAYは、8月5日(水)23:59まで各セッション動画がオンデマンドで閲覧可能です。

事前申し込みをすればどなたでも無料でご覧いただけます。

画像引用:https://www.linebrain.ai/lineaiday2020/

AINOWでは、このイベントとタイアップし、AINOW編集長のおざけんが「国内2大AI専門メディア対談-年表で振り返るAI発展の軌跡-」と題して、AI専門メディア「Ledge.ai」の高島氏との対談セッションを行なっています。

AIにまつわる近年の動きやAIを導入する企業組織のあり方などを、日本のAIメディアを牽引するお二人が分かりやすく講演していますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】