HOME/ AINOW編集部 /感情解析AIのSENSYと三菱商事が資本業務提携 ー小売分野におけるAI普及を共同で推進
2020.08.13

感情解析AIのSENSYと三菱商事が資本業務提携 ー小売分野におけるAI普及を共同で推進

最終更新日:

感性を解析するパーソナル人工知能を開発するSENSY株式会社と三菱商事株式会社は小売分野におけるAI活用を共同で推進していくために、資本業務提携を締結しました。

小売業界は、 社会問題としても取り上げられる廃棄ロス問題や、 労働人口の減少、 ニューリテールの台頭などの課題に直面しており、 早急に新しい産業構造を模索していく必要があります。 そのためには、 業界全体で、 便利で、 お得な、 心地いい顧客体験を、 より低コストで実現していくことが求められているといいます。

SENSYは創業時より、 これらの課題を解決する鍵は「消費行動の理解」であると考え、 消費者の「感性」をAI(ディープラーニング技術)によって解明する技術の研究開発および、 それを活用したソリューション開発に注力してきました。

パーソナル人工知能「SENSY」は、 SENSY株式会社が開発する人工知能の名称であり、 感性工学に基づき一人ひとりの感性を個別に解析する、ディープラーニング技術です。 「SENSY人工知能研究所(SAILS)」では、 所長である岡本卓氏(千葉大学特任准教授)を中心に、 AIの基礎研究・応用研究に日々取り組んでいます。

一方、 三菱商事は、 小売業界のみならず、 食品流通における上流工程から下流工程までグループ企業や取引先を持ち、その知見やネットワークは国内でも最大規模です。

今回の資本業務提携は、 両社の強みを組み合わせて小売業界の変革や社会課題の解決を共に実現すべく、 第三者割当増資によりSENSY株式を三菱商事が一部保有します、

今後は、共同でソリューション開発や事業推進のためのプロジェクトチーム組成などを通じて、 中長期的な協業関係を構築していきます。

三菱商事 秋山光輝氏(食品流通DX室 室長代行)コメント

三菱商事は、 食品流通のサプライチェーンにおいて、 中間流通としての卸事業、 小売においては、 コンビニエンスストアやスーパーマーケットチェーンに対して経営参画し、 事業ノウハウを蓄積してまいりました。 今般、 食品流通業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、 食品小売・メーカー・卸間で分断されている情報や業務プロセスの統合を図ることで、 食品バリューチェーン全体の無駄・重複を排除し効率的かつ最適化された食品流通の実現をめざしております。

SENSY様は、 独自のビジネスモデルとAI技術を用い、 小売の販売情報などを分析・活用することで、 効果の高いマーケティングデータの導出や、 精度の高い需要予測をもとにした発注・仕入の最適化ソリューションを提供しており、 今回のSENSY様との資本・業務提携により、 小売向けAIソリューションの共同開発・展開等を行い、 小売分野の業務効率化・最適化を図っていきたいと考えております。

SENSY 渡辺祐樹氏(代表取締役CEO)のコメント

SENSYでは、 創業以来一貫して、 消費者感性の理解と、 それに基づく産業変革をテーマに事業開発を進めてまいりました。 創業当初アパレル業界からスタートした取り組みは、 食品業界にも応用され、 大手食品スーパーやドラッグストア等で実績を積み上げてまいりました。 このたびの三菱商事様との提携により、 事業成長スピードを加速し、 より良い食品流通の実現を通じて、 社会へ貢献してまいりたいと思います。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

今、ホットなオンライン教育でのAI人材育成 – 日米での実態を比較

GPT-3にチューリングテストを試してみる

高度なデータの課題を解決するZOZOの分析本部 – 経営層と並走して課題と向き合う

ZOZOが「WEAR」に「類似アイテム検索」を導入 ー類似商品を検索可能に

画像データセットの収集方法を変える必要がある

2020年10月のAI関連イベントまとめ

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/28更新】

言語処理でビジネスと医療の分野にアプローチ – 新型コロナウイルス感染症の研究にも着手

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも