HOME/ AINOW編集部 /受講料の70%が助成!Pythonに特化したAI講座「Aidemy Premium Plan」が 経産省、厚労省の認定講座に
2020.08.21

受講料の70%が助成!Pythonに特化したAI講座「Aidemy Premium Plan」が 経産省、厚労省の認定講座に

AI に関する人材育成から実運用まで一気通貫で支援する株式会社アイデミーが提供する「Aidemy Premium Plan」の一部講座が、2020 年 10 月1 日付で経済産業大臣認定の第四次産業革命スキル習得講座および厚生労働省指定の教育訓練給付制度の対象講座となりました

「Aidemy Premium Plan」は、オンライン完結型の AI プログラミングスクールです。学習の過程をメンターがマンツーマンでご支援できる点が特徴で、AI や機械学習に関する疑問点や不明点をその場で解決することが可能です。

Premium Plan では AI と機械学習に関する幅広い教材とトピックを取り扱っており、コーディングの知識だけではなく、アプリーケーション開発が学べるコースや統計モデル、機械学習を用いたコース、自然言語処理を利用したコース、実データを用い社会実装に近づけたコースなどさまざまなコースをご受講いただけます。

「Aidemy Premium Plan」の一部講座を受講する際には、諸条件を満たすことで、受講料の最大 70%が助成されます。

今回認定を受けた Aidemy Premium Plan のコースは、Python や機械学習の基礎からオリジナルの AI開発まで学習ができる以下の3 コースです。

転職志望の方やアプリを作ってみたい方、業務での活用などさまざまな目的を持つ方が受講しているコースです。

<該当講座>
  • AI アプリ開発コース
  • データ分析コース
  • 自然言語処理コース

期間 : 3 ヶ月間 /6 ヶ月間
価格(税抜): ¥480,000-/¥780,000-

今回の認定により、適用条件を満たした受講生の方には上記価格の最大 70%の教育訓練給付金が支給されます。

同社は、8月19日(水)からオンラインにて無料相談会を実施する予定です。相談会ではコースの特徴や内容についてのご説明や、目的に合わせたコースを案内します。

以下のページより相談会の予約が可能です。

【特典】
制度活用者は受講開始までの予習教材として、Aidemy Select Plan の AI リテラシーパックを半額で利用可能。申し込み方法:申し込みフォーム「ご要望など」の欄に「Re スキル講座受講希望」と記入
特典適用条件:2020年12月25日(金)までに申し込みフォームを送信完了していること
厚生労働省「教育訓練給付制度」とは

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。

アイデミーの講座は教育訓練給付制度内「専門実践教育訓練給付金」の対象講座です。

(※)受給対象の条件は自身で最寄りのハローワークにてご確認ください。受講開始より 1 ヶ月以上前に手続きが必要です。

経済産業省 「第四次産業革命スキル習得講座」とは

IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。(経済産業省 Web ページより引用)

AI や IoT などを用いた技術革新により、世界中が「第四次産業革命」の時代に突入し IT 人材が必要とされています。この状況を受け、経済産業省では 2018 年より AI・ IoT・ビッグデータなどの高度な IT・デジタルスキルを身につけた人材を育成する政策として、「第四次産業革命スキル習得講座」の認定をしています。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化