HOME/ AINOW編集部 /Telexistenceの技術顧問に松尾豊氏が就任 ー生活領域に近い場所でロボットを普及
2020.08.24

Telexistenceの技術顧問に松尾豊氏が就任 ー生活領域に近い場所でロボットを普及

最終更新日:

Telexistence株式会社 (以下、TX)は、東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻教授 松尾豊氏がAI技術顧問に就任予定であることを発表しました。(現在東京大学で最終承認手続中)

松尾氏は、人工知能(特にディープラーニング)とウェブ工学の専門家です。

東京大学を拠点に、研究開発・人材育成・社会実装を通じて社会に変革をもたらすことを使命として、各種研究活動を進めています。

また、2017年には、日本ディープラーニング協会を設立しました。その後理事長に就任し、情報発信や公的機関への提言、国際連携の促進などに取り組んでいます。

TXは、遠隔操作技術とAI(人工知能)を用いて、工場の外、より人間の生活領域に近い場所でロボットを普及させることを目指しています。

これに際し、TXは最も先進的なAI研究の第一人者であり、実社会においてAIの実践的な活用に高い意欲をもつ松尾氏が加わることで大きな力になると考えていました。

一方、松尾氏も日本から世界を舞台に活躍するスタートアップを輩出することに積極的であり、TXの取り組みに高い関心をもったことが就任(予定)へとつながりました。

松生氏:TXの事業はロボティクスとAIの領域では最高難易度の取り組みであり、客観的な成功率は正直なところ五分五分だと思っています。

一方これを言い換えると、TXはこの最高難易度の事業を創業から3年で五分五分にもってきたということでもあり、とても高いポテンシャルがあると考えます。

もしTXが遠隔操作ロボット事業で突破口を開いたならば、投資価値の向上はもとより、世界を変えることにつながると信じています。

次世代を担う人材からなるTXの挑戦を、主に技術と人材確保などの角度から最大限応援したいと考えています。

CTO 佐野氏:松尾先生は、日本の技術産業が、人工知能の分野で世界的に飛躍するためにどのように成長すべきかを、長期的な視点で考えている数少ない研究者だと思います。

特に、機械学習を用いたロボット自動化という分野において、日本が世界をリードする可能性をを見いだされていることは大変心強く思います。

松尾先生が提唱する、機械学習を学習環境として精緻化するシミュレーションの構築や、それを用いた強化学習アプローチなどは、今後のロボット業界で間違いなく必要となると考えます。

松尾先生に顧問としてご就任いただくことにより、TXのロボットが、現在の遠隔制御から遠隔制御データを利用した模倣学習などの自動制御へ移行することを後押しするものと確信しています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化