HOME/ AINOW編集部 /業界初のAI電話予約応対サービス「AI レセプション」が10月にリリース ー24時間365日電話予約可能に!
2020.08.28

業界初のAI電話予約応対サービス「AI レセプション」が10月にリリース ー24時間365日電話予約可能に!

最終更新日:

飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営する株式会社エビソルは、「ひとにやさしい AI」を目指すLINE株式会社の「LINE AiCall」と協働して、AI 電話予約応対サービス「AI レセプショ ン」の提供を、2020年10月1日より開始します。

2019年11月より実用化に向けた実証実験を行い、1年間の開発期間を経て10月より本稼働します。

このサービスにより、飲食店は24時間365日、電話予約の受付が可能となり、「ヒトだからこそできる業務」に注力することができます。一方で消費者は、お店に電話がつながらないことがなくなります。

飲食業界では、グルメサイトやオウンドメディアの普及により、飲食店のネット予約はここ数年で急速に普及しています。

一方、当日はネット予約を受け付けていない飲食店が多く、また消費者も来店直前の空席確認は電話で行うことが習慣化しています。

それにより、依然として全予約の50%以上を電話予約が占め、来店前日や当日ほど電話予約の比率が高くなる傾向にあります。

さらに飲食店では、人手不足という課題に加え、コロナ禍における人員配置計画の難しさや経営効率の最適化という問題に直面しています。

「ebica」の空席データと AI を連携して電話予約を自動化

AI 電話予約応対サービス「AI レセプション」は、エビソルが提供する飲食店向けに開発したクラウド型の予約管理システム「ebica」と連携して、電話予約を自動化します。

「ebica」は、エビソルが開発した業界初のグルメサイトコントローラーを搭載していて、グルメサイト経由やオウンドメディアなどすべてのネット予約を一元管理する機能を備え、飲食店の空席情報をリアルタイムで反映します。

そのため、ダブルブッキングの心配がなく予約機会を最大化できる特徴があります。

これまで自動化が難しいとされてきた来店当日の直前予約も含めて、「ebica」の空席データとLINE株式会社の音声対応「LINE AiCall」を組み合わせることで24時間365日、電話予約の受付が可能とな ります。

まるで「ひと」と会話しているような自然な音声のAIスタッフ“さゆり”

「AI レセプション」の電話口で応対するのは、AIスタッフ“さゆり”です。

LINE株式会社との協働によって誕生した、AIスタッフ“さゆり”は、消費者からの要望を汲み取り、抑揚のある「ひと」に近い自然な音声で電話に応対します。

コールセンターや音声ガイダンスとも異なる、自由度の高い、まるで「ひと」と会話しているような自然な音声応対を実現しました。

AIスタッフ“さゆり”は、「ebica」の空席データを参照して予約を登録・完了します。来店当日の予約 受付はもちろんのこと、飲食店への問い合わせとして意外と多い予約内容の確認にも応対しています。

さらに満席時には瞬時に希望時間前後の予約可能な時間帯や、近隣系列店の空席を案内します。

予約変更やキャンセル など、予約以外の内容等で店舗に転送される際には、「ebica」上にて消費者と AIスタッフ“さゆり”の会話履歴が確認できるため、店舗スタッフはスムーズな電話対応が可能です。

エビソルは、予約管理の全自動化を通して、飲食店が接客や調理など「ヒトだからこそできる業務」に注力して、生産性とホスピタティを向上することで外食を楽しめるように尽力するとしています。

▼LINEのAIについて詳しくはこちら

▼サービス動画 URL:

▼AI 電話予約応対サービス「AI レセプション」:

▼YouTubeでも解説!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化