HOME/ AINOW編集部 /ZOZOが「WEAR」に「類似アイテム検索」を導入 ー類似商品を検索可能に
2020.09.29

ZOZOが「WEAR」に「類似アイテム検索」を導入 ー類似商品を検索可能に

最終更新日:

株式会社ZOZOは、2020年9月28日より、ファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」内で、ユーザーが閲覧するコーディネートからファッションアイテムを検出し、類似する商品を検索できる新機能「類似アイテム検索」の提供を開始しました。ZOZOグループの技術開発を行う株式会社ZOZOテクノロジーズが開発しました。

気に入ったコーディネートを簡単に見つけることが可能に

従来の機能では、WEAR内で気に入ったコーディネートがあっても、「そのアイテムが検索で見つけられない」ということや、「類似する商品を見つけたいが調べ方がわからない」という課題がありました。

しかし、「類似アイテム検索」を活用することにより、WEARに投稿されているアイテムと類似する商品が簡単に見つかります。「欲しいけど、探し出せない」という課題を解消し、ユーザーとアイテムの出会いをサポートすることができます。

類似アイテム検索では、AI(人工知能)がWEARに投稿されているファッションアイテムの色・形・質感・柄などを学習して、類似するアイテムを検出しています。その後、ユーザーがアイテムを選択することにより、ZOZOTOWNで取り扱う商品の中から、似ている商品を探すことができます。

2020年、ZOZOグループは「MORE FASHION×FASHION TECH」というテーマを掲げています。

商品の充実を目指すことはもちろん、ZOZOが保有する膨大なデータやテクノロジーを積極的に活用することに取り組んでいます。今後もZOZOは、よりユーザー目線で使用しやすいサイトの構築とサービスの向上をおこない、多くの人がファッションを楽しめる世の中を目指していきます。

「類似アイテム検索」の使用方法▶︎1.WEARアプリでコーディネートを検索 2.気に入ったコーディネートを見つけたらコーディネート画像上の「画像検索アイコン」をタップ 3.気になるアイテムを選択する 4.コーディネート画像に使用されたアイテムと似た商品をAIが検出、一覧で表示

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

「AIはチャレンジを乗り越える大きな鍵である」菅総理が語ったAI戦略【AI/SUM 2020レポート】

事業に結びつく研究が少ない – 東大とソフトバンクが組むBeyond AI 研究推進機構が目指すAI研究の事業化

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/19更新】

DIVE INTO CODE がG検定の模擬問題を無料公開!10月29日に記念セミナーも開催も

【機械学習の解釈可能性】テック専門家に聞く:機械学習モデルはどのように自らを説明するのか?【Google公式ブログ】

チャットボットの8つのユースケース

【完全版】DX(デジタルトランスフォーメーション)を0から解説!定義からスキル、推進法まで網羅

Pairsに高水準のAIを活用した顔認証機能が導入

未知のデータを未知と認識し、AIの汎用性を大幅に向上するモデルの共同研究が開始

あなたにおすすめの記事

「AIはチャレンジを乗り越える大きな鍵である」菅総理が語ったAI戦略【AI/SUM 2020レポート】

事業に結びつく研究が少ない – 東大とソフトバンクが組むBeyond AI 研究推進機構が目指すAI研究の事業化

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/19更新】

DIVE INTO CODE がG検定の模擬問題を無料公開!10月29日に記念セミナーも開催も

【機械学習の解釈可能性】テック専門家に聞く:機械学習モデルはどのように自らを説明するのか?【Google公式ブログ】

チャットボットの8つのユースケース

【完全版】DX(デジタルトランスフォーメーション)を0から解説!定義からスキル、推進法まで網羅

Pairsに高水準のAIを活用した顔認証機能が導入

未知のデータを未知と認識し、AIの汎用性を大幅に向上するモデルの共同研究が開始