HOME/ AINOW編集部 /吉野家とIdeinがエッジAIの共創パートナーを募集開始 – 365日分の牛丼券や社名入りどんぶりも
2020.11.04

吉野家とIdeinがエッジAIの共創パートナーを募集開始 – 365日分の牛丼券や社名入りどんぶりも

最終更新日:

株式会社吉野家とIdein株式会社は、新しい吉野家のカタチを共創するためのオープンイノベーションプログラム「牛丼テック」の開催を発表しました。あわせて、「牛丼テック」の説明会についての情報や、共創パートナーの募集要項も公開されました。

この記事では、「牛丼テック」のプログラム概要と募集に関する情報のほか、IdeinのIoTプラットフォームや吉野家でのAIの活用事例について紹介します。

新しいカタチの共創をめざす吉野家

牛丼チェーンの吉野家は、「ひと・健康・テクノロジー」をキーワードに飲食業界の再定義をし、さらなる飛躍を目指しています。

そこで、「牛丼テック」では、吉野家とIoTプラットフォームを開発するIdeinと共創パートナーが協働することで、プログラムを進めるとしています。

現在、吉野家とIdeinは吉野家店舗の顧客満足度向上と、顧客セグメントの拡大を実現するための店舗センシングプロジェクトで協働しています。

牛丼テックでは、さらに共創パートナーを加えることで、「顧客価値向上」と「サービス品質改善」のテーマへの取り組みを目的としています。

「牛丼テック」では、共創パートナーの候補が保有するソリューションの中から上記の目的達成に最適なものを選定し、吉野家の実店舗で活用されます。

また、実店舗では以下の施策を実施する見込みです。

  1. 共創パートナーによるアプリケーション開発
  2. 実店舗でのセンシング
  3. データをエッジ処理、プライバシー保護に配慮してデータ収集
  4. 収集データを活用した付加価値情報の創造
  5. 店舗運営に活用し、顧客満足度の向上と顧客セグメント拡大を実現
▼想定される共創パートナーの主な属性の例
  1. AIアルゴリズム開発者
    本プログラムではActcastプラットフォームを利用することから、参加者はアイデアと機械学習モデルの作成に専念でき、それを実店舗でのPoCを実施できるだけでなく、将来的なビジネスのスケールを目指すことが可能になります(上記の全体図における①を担う共創パートナーイメージ)。
  2. BIツール提供者
    吉野家の実店舗で収集された生きたデータを分析し、店舗競争力の強化に資する付加価値情報を創造する機会が提供され、将来的なビジネス機会となり得ます(上記の全体図における④を担う共創パートナーイメージ)。

また、「牛丼テック」の共創パートナーには、下記のリターンが送られます。

  • PoC (実証実験)実施:吉野家の実店舗でのPoC機会が提供されます。本事例は共創パートナーの実績として広報活動などに活用可能です。
  • ビックデータ活用:吉野家の店舗でセンシングしたビックデータを、共創パートナーの分析ソリューション/コンサルティングに活用可能です。
  • 本導入検討:本プログラムの結果を踏まえ、主催企業における実運用に向けた協議の機会が提供されます。
  • 牛丼券(365日分):共創パートナーのソリューションが導入された実店舗において、当該ソリューションによる店舗競争力向上を顧客目線かつ長期時系列で実感いただけます。日本全国の吉牛ファン垂涎の副賞です。
  • 社名入り特製吉野家どんぶり(上位3社):共創パートナーの社名が入ったどんぶりです。採用ソリューションによって改善されたテイクアウトのオペレーションを実感し、ご自宅で特製どんぶりを使用した吉野家牛丼を完全に再現いただけます。日本全国の吉牛ファン感涙の副賞です。※特製吉野家どんぶりは各社1個です。

Ideinは、IoTプラットフォームActcastを提供しています。Actcastとは、エッジデバイス上で画像解析AIなどを活用して実世界の情報を取得・解析し、IoTシステムを構築・運⽤するためのプラットフォームサービスです。

エッジデバイスのにおけるデータ活用が進まない課題を解決するプラットフォームとしてIdeinが開発しました。

Actcastは、安価なエッジデバイスで解析を⾏い、不要な情報を送信しないことにより、運⽤コストを⼤幅に削減することができます。

▼関連記事

吉野家が保有するビッグデータとIdeinのIoTプラットフォームを活用して開発したサービスを実験的に導入したい方は、共創パートナーに応募してみてください。

日程

2020/11/04:募集開始
2020/11/20:説明会
2020/12/04:応募締切
2020/12/21:一次審査通過者決定
2021/01/11:最終審査実施※最終審査に臨む共創パートナー候補は、Actcast上で動作するアプリケーションの開発にあたり、Actcastが提供するSDK(無償)の利用規約に同意することが前提となります。

説明会概要

日時:2020/11/20 (金) 13:00~14:00
開催形式:オンライン
参加申込み期日:2020/11/19 (木) 15:00
参加方法:gyudon-tech@idein.jpへメールを送付(参加希望の旨、企業名、参加者名、参加者メールアドレス、質問ん)説明会では、「牛丼テック」の概要及び、「牛丼テック」で利用が前提となっているActcastについて説明します。
対象者
  • 個人、法人、分野や業種を問わず、目的に適うソリューションを提供できる全ての方が応募可能
選考基準
  • 「牛丼テック」の目的に対する適性
  • 提案ソリューションの実現可能性
  • 政治、宗教、反社会的内容、公的にふさわしくない内容、法律に違反する内容のソリューションは不可
応募費用
  • 無料
  • 最終審査を経て共創パートナーとして採択され、協働に至った際に開発等で発生する費用などについては、別途協議の上、契約等を締結することを想定しております
応募方法

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ローコード開発 デメリット アイキャッチ画像

【初心者でもわかる】大注目のローコード開発!メリット、デメリットとともに解説

【2021年最新版】ローコード開発無料ツール3選 | 特徴徹底解説!

ローコード アイキャッチ

ローコード開発ツールとは?トレンドになっている理由は?

【ツール紹介あり】ローコード開発とは?メリット・デメリットも紹介!のアイキャッチ画像

【ツール紹介あり】ローコード開発とは?メリット・デメリットも紹介!

ノーコード開発ツール アイキャッチ画像

【完全版】ノーコード開発ツールとは?メリット・選定ポイントも解説!

ノーコードツールのアイキャッチ画像

【用途別】おすすめのノーコードツール|選定ポイントも紹介

【無料版も掲載】ノーコード開発ツール紹介|知識なしのアプリ開発のアイキャッチ画像

【無料版も掲載】ノーコードでできるアプリ開発ツール紹介

【2021版】無料ではじめられるノーコードツール徹底比較!

広告管理ツールについての解説記事:アイキャッチ画像

【3分で読める】広告管理ツールとは?厳選ツールやメリットも紹介

広告管理の解説記事のアイキャッチ画像

【2021年最新版】広告管理とは?厳選ツールやメリットまで徹底解説

あなたにおすすめの記事

ローコード開発 デメリット アイキャッチ画像

【初心者でもわかる】大注目のローコード開発!メリット、デメリットとともに解説

【2021年最新版】ローコード開発無料ツール3選 | 特徴徹底解説!

ローコード アイキャッチ

ローコード開発ツールとは?トレンドになっている理由は?

【ツール紹介あり】ローコード開発とは?メリット・デメリットも紹介!のアイキャッチ画像

【ツール紹介あり】ローコード開発とは?メリット・デメリットも紹介!

ノーコード開発ツール アイキャッチ画像

【完全版】ノーコード開発ツールとは?メリット・選定ポイントも解説!

ノーコードツールのアイキャッチ画像

【用途別】おすすめのノーコードツール|選定ポイントも紹介

【無料版も掲載】ノーコード開発ツール紹介|知識なしのアプリ開発のアイキャッチ画像

【無料版も掲載】ノーコードでできるアプリ開発ツール紹介

【2021版】無料ではじめられるノーコードツール徹底比較!

広告管理ツールについての解説記事:アイキャッチ画像

【3分で読める】広告管理ツールとは?厳選ツールやメリットも紹介

広告管理の解説記事のアイキャッチ画像

【2021年最新版】広告管理とは?厳選ツールやメリットまで徹底解説