HOME/ DXNOW /無料で使えるSFAツール10選!選び方から注意点まで解説
2021.01.22

無料で使えるSFAツール10選!選び方から注意点まで解説

最終更新日:

無料で使えるSFAツール10選

営業活動を効率化し、商談成功率を上げるのに役立つSFAツールは、近年多くの企業の営業パーソンに利用されています。

しかし、SFAツールを導入したくても、料金が気になったり、手軽に導入したいと思ったことはありませんか?

そこで、今回は無料で使えるSFAツールを紹介します。
どのツールも、無料で利用することができます。

また、SFAツールの主な機能や、無料でSFAを実践する方法についても説明します。

SFAとは

SFAとは「Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)」の略で、「営業支援システム」と訳されます。

SFAツールでは、顧客の情報や商談の内容を記録・管理したり、営業パーソンのタスク管理ができます。そのため、活用すれば、営業活動を効率化でき、商談成功率を上げることができます。

SFAの主な5つの機能

SFAの基本的な機能は5つあります。

ここからは、それぞれの機能を説明します。

顧客管理

顧客の情報を管理します。例えば、顧客の名前、住所、電話番号などの基本的な情報を管理します。顧客情報を一つにまとめることで、情報の紛失を防ぐことができます。

自動入力項目がついている場合、入力ミスを防ぐことができます。

また、顧客担当を引き継ぐときに役立ちます。

案件管理

営業案件を管理します。

ここでいう案件とは、「顧客との商談」を意味します。

案件管理では、営業の最初に行う「顧客訪問」から営業の最後に行う「クロージング」に至るまでの、営業パーソンが話した内容や、顧客の反応などの情報を管理します。

営業活動管理

営業コール数、商談獲得数、訪問数、提案商材数、顧客の受注数などの項目から、営業パーソンの行動を管理します。

この情報から、どの営業パーソンがどれだけ商談を行っているか、コール数からアポイント数にコミットしているかなどの状況を把握できます。

売上予測/予算・実績管理

顧客、商品、サービス別に、売上と予算と売上予測を比較することができます。

この売上予測/予算・実績管理機能を使うことで、どの層の顧客に商品やサービスが売れるのか、どの商品やサービスが売れているのかが分かります。

営業パーソンをサポートする機能

営業パーソンの日々の行動をサポートします。営業パーソンの商談日程などのスケジュールを管理したり、カレンダーからその日行った商談内容の情報を見つけることができます。

また、タスク機能があり、営業パーソンがの必須タスクをお知らせします。

こうした機能を活用することで、商談に間に合わない、対応漏れなどを防ぐことができます。

無料でSFAを実践する方法

無料でSFAを実践する方法を説明します。

表計算ソフトを使う

エクセルなどの表計算ソフトを使って、営業に関する情報を管理する方法です。

同時編集が難しいことや、情報が増えるとひと目で見にくくなってしまうというデメリットがあります。

無料プランのあるSFAツールを使う

トライアルではなく、契約期間であれば料金を払わずに使える、SFAツールを使う方法です。

人数や使える機能に制限があることが多いので、注意が必要です。

オープンソースのSFAツールを使う(オープンソースの説明いれる)

オープンソースとは、ツールを作り上げるプログラミング言語(ソースコード)で記述された文字列を、開発者が無償で公開し、誰でも自由に改良、再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。

それに対して 一般的なソフトウェアは、利用料が必要です。また、ソースコードを公開することはなく、開発者でなければ修正をすることができません。

オープンソースの場合、プログラミングに関する知識がなければ、インストールやカスタムができないので、注意が必要です。

無料SFAツールの選び方

SFAを無料で利用したいとなった場合、そのように選べばよいのかを説明します。

ポイントをおさえて、組織にあった無料のSFAツールを導入できるようにしましょう。

人数に合わせる

SFAツールのプランによっては、人数制限のあるものが多くあります。なので、SFAツールを使う人数を把握し、その人数分無料で使えるSFAツールを選びましょう。

機能で選ぶ

SFAツールには、基本的機能のほかにツールによってはさまざまな機能が加えられています。

SFAを利用して、何を達成するのか、改善するのかなどの目的を明確にしてから、それが実現できる機能がついたツールを選びましょう。

無料SFAツールを導入する時の注意点

使える人数が限られる

無料で使えるSFAツールには少人数向けのものが多いです。
そのため、中小企業向けにつくられたものが多く存在します。

どのくらいの人数であれば無料で使うことができるのかは注意が必要です。しっかりと確認しましょう。

搭載機能が少ない

無料で使えるSFAツールは、有料のSFAツールと比べて、搭載されている機能に限りがあります。

搭載機能が少ないということは、組織の目的に沿った機能がないことが考えられますので、注意しましょう。

無料SFAツールはどんな組織に向いているか

営業の人数が少ないチーム

無料のSFAツールでは、利用人数に限りがあります。なので、無料のSFAツールは営業チームの人数が少ない組織に向いています。

資金が潤沢ではないスタートアップ

無料のSFAツールは、基本的な機能のみが揃っているので、無料のSFAツールは、資金が潤沢ではないスタートアップ企業に向いています。

企業規模が大きくなるに連れ、有料版を利用することをおすすめします。

無料で利用できるSFAツール8選

FreeSFA

自由にカスタマイズできる、オープンソース型のSFAツールです。

特徴

  • 訪問予定を地図で確認できる
  • 顧客への架電履歴が残せる

機能

  • 顧客情報管理
  • 連絡先情報管理
  • コンタクト管理

SuiteCRM

オープンソース型のSFAツールです。CRMという名前がついていますが、SFA機能も兼ね備えています。

特徴

  • 世界で利用されている「Salesforce」の代替として注目されている

機能

  • 営業管理
  • 顧客サポート・サービス
  • マーケティング管理
  • グループウェア
  • システム管理機能

サスケ 無償版

マーケティングやリードナーチャリングの考え方を取り入れながら簡単に利用できるSFAです。

特徴

  • 3名/300件まで永久無料
  • 個人向けの製品設計となっている

機能

  • アラート機能
  • メール送信
  • 名寄せ機能
  • 一括インポート機能
  • 関連顧客情報 機能
  • 重複顧客情報 機能

HubSpotCRM Sales Hubプラン

SFA機能だけではなく、CRM機能、マーケティング、サービスの機能も無料で使うことができるSFAツールです。

特徴

  • 営業チームの規模が1名でも1,000名でも、最大100万件のコンタクトを登録できる。
  • ユーザー数とストレージ容量は無制限。

機能

  • 顧客/顧客企業情報管理機能
  • マーケティング機能
  • Eメールマーケティング機能
  • 広告機能
  • セールス機能
  • サービス機能

FlexCRM 無料版

バックアップや不具合対応不要、メンテナンスコストがかからず、簡単に始められるSFAツールです。

特徴

  • メンテナンス費用が不要
  • スマホ・タブレット対応
  • ストレージは1GBまで

機能

  • 顧客管理
  • 案件管理
  • 予実管理
  • 日報作成

NICE営業物語Smart3

営業活動の効率化やノウハウの蓄積が可能なSFAです。

特徴

  • ExchangeやGoogle、iCloudカレンダーとスケジュール共有できる
  • AppleWatchと連携可能
  • メールやLINE、EVERNOTE等のサービスに、営業報告を送信できる

機能

  • 営業報告作成
  • 手書きメモ&音声メモ
  • スケジュール管理
  • 営業報告CSV出力
  • 他システムとの連携

Zoho CRM 無料プラン

ユーザー数世界15万人以上、継続率98%のSFA機能を兼ね備えたCRMです。

特徴

  • 3ユーザーまで永久無償
  • 登録されたデータを元に売上や商談など用途に合わせたレポートを作成できる
  • チーム全体への状況の共有をリアルタイムで確認できる

機能

  • 見込み客管理
  • 連絡先管理
  • 取引先管理
  • 商談管理
  • 予定管理
  • タスク管理
  • 通話ログ
  • メモ
  • ビュー
  • メールテンプレート
  • メールのオプトアウト管理
  • Webサイトトラッキング
  • ダイレクトメッセージ
  • ファイル添付・共有・バー
  • ジョン管理・レビュー
  • ワークフロールール
  • メール通知
  • タスクアクション
  • フォローアップルール
  • Webフォーム(見込み客/連絡先)
  • 分析レポート

ジョブマネ 無料プラン

中小・ベンチャー企業向けクラウド型業務管理システムです。

特徴

  • 10人まで、容量1GB、顧客10社、見積作成数10件まで無料

機能

  • スケジュール
  • To Do
  • 電話メモ
  • 工数管理
  • 経費精算
  • ワークフロー
  • 掲示板
  • 共有資料
  • 商談履歴
  • 顧客管理
  • 見積管理
  • 案件管理
  • 原価管理
  • 請求書発行
  • 入金登録
  • レポート

さいごに

営業活動を効率化し、営業パーソンの行動を管理するSFAツールは営業部で使われるべきツールの一つとなっております。

しかし、料金が負担となってしまうSFAツールも多いため、中小企業や、スタートアップ企業、はじめてSFAを導入する企業は一度無料で使うことができるSFAツールを導入してみると良いでしょう。

導入する際は、人数、機能に注意して、組織の目的に合ったSFAツールを導入し、営業の効率化、商談成功率を上げましょう。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

NEDOが「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン」を公表

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/06/14更新】

【JSAI×RSJ】 両学会の学際的な関わりの重要性とは -第5回 人工知能学会誌コラボ

営業研修アイキャッチ画像

【簡単!】営業研修とは?必要性や導入するメリットを解説

【第4回】AIアクションプラン策定委員会レポート|AIと人間のインターフェースが抱える問題とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/06/07更新】

【参加無料】DataRobotがイベント開催|味の素やSBI、楽天のDX事例から学ぶAI活用

電話代行の解説記事アイキャッチ画像

【2021年最新版】電話代行とは?Ιサービス比較6選付き

Webプッシュ通知サービス アイキャッチ画像

【Webプッシュ通知サービス】おすすめ5選を選定ポイント・特徴・料金と共に比較紹介

あなたにおすすめの記事

NEDOが「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン」を公表

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/06/14更新】

【JSAI×RSJ】 両学会の学際的な関わりの重要性とは -第5回 人工知能学会誌コラボ

営業研修アイキャッチ画像

【簡単!】営業研修とは?必要性や導入するメリットを解説

【第4回】AIアクションプラン策定委員会レポート|AIと人間のインターフェースが抱える問題とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/06/07更新】

【参加無料】DataRobotがイベント開催|味の素やSBI、楽天のDX事例から学ぶAI活用

電話代行の解説記事アイキャッチ画像

【2021年最新版】電話代行とは?Ιサービス比較6選付き

Webプッシュ通知サービス アイキャッチ画像

【Webプッシュ通知サービス】おすすめ5選を選定ポイント・特徴・料金と共に比較紹介