HOME/ DXNOW /【比較表付き】3つのジャンルに分けて問い合わせ管理システム14選を徹底比較!
2021.02.04

【比較表付き】3つのジャンルに分けて問い合わせ管理システム14選を徹底比較!

最終更新日:

アイキャッチ画像

最近、問い合わせ管理システムを導入し、二重対応や見落としを防ぎ、顧客満足度向上を実現するために問い合わせ管理システムを導入したいと考える方が増加しています。しかし、具体的に製品の違いがわからず、どのシステムを使用すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

問い合わせ管理システムにはさまざまな製品があります。そのため、できることや機能、使い心地もまちまちです。

この記事では、問い合わせ管理システムの概要や、14種類の問い合わせ管理システムの比較表、製品ごとの特徴をご紹介します。

問い合わせ管理システムとは?

問い合わせ管理システムとは、メール・電話・SNSなどで寄せられる顧客からの問い合わせを一括で管理するシステムです。

問い合わせ管理システムを活用すれば、顧客の情報を一括管理するだけでなく、顧客対応に関する情報も蓄積でき、さまざまなデータを活用しやすくなります。

問い合わせの量が増加するにつれて、対応ミスや返信の遅れが起きてしまいます。問い合わせに対して二重対応してしまったり、返信の質が変わってしまう問題も起こる可能性があり、顧客満足度が一気に下がってしまいます。

これらの課題を解決するシステムとして、問い合わせ管理システムがあります。

おすすめ問い合わせ管理システム14選の比較表

問い合わせ管理システム 比較表問い合わせ管理システム 比較表2問い合わせ管理システム 比較表3

おすすめのグループウェアを3つのジャンルに分けて徹底比較

対応チャネルが多い

メールディーラー

メールディーラーは、メールをまとめて管理して顧客対応をラクにするメール共有・管理システムです。info@やsupport@などの複数名で共有するメールアドレス宛のメールやCCの把握漏れを解消できます。チャットやLINEメッセージも一元管理できます。無料トライアルがあります。

特徴
  • 11年連続売上シェアNo.1
  • メール共有・管理に必要な機能が充実
  • 専門スタッフによる安心サポート
料金

20000円~/月

導入事例
  • 株式会社ベガコーポレーション
  • 株式会社山口油屋福太郎
  • 株式会社エムティーアイ

Re:lation

Re:lationは、メール、LINE、Twitter、チャット、電話などさまざまな形のお問い合わせを複数ユーザーで一括管理できるメール共有管理システムです。二重返信防止、未対応案件が一目瞭然のステータス管理、承認機能などの機能を搭載しているから、複数人管理によるミスが解消できます。20日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • さまざまな形でのお問い合わせに対応
  • 5つの業務をワンストップで管理
  • 2,300社を超える導入実績
料金

12800円~/月

導入事例
  • 株式会社富士薬品
  • 合同会社DMM.com
  • 株式会社ECC

Freshdesk

Freshdeskは、直感的・機能豊富・手頃な価格の問い合わせ管理システムです。電話、メールやチャットなどのさまざまな形のお問い合わせを一元管理できます。メールをチケットという単位で管理をし、メール対応を効率化やFAQサイトの簡単作成を実現します。21日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • 15000社を超える導入実績
  • 直感的でシンプルなインターフェース
  • 問い合わせ管理を効率化する機能
料金

無料プラン
有料プラン
15ドル~/月

導入事例
  • ヒューレット・パッカード
  • DHL
  • ハーバード大学

コストパフォーマンスがいい

yaritori

yaritoriは、月額980円から利用できるシンプルで使いやすいクラウド型の お問い合わせ管理システムです。contact@・support@などの共有メールアドレスを使った顧客の対応による二重対応・対応遅れなどのミスを解消できます。14日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • 低価格で始めれらる
  • シンプルで強力な機能
  • 3ステップで導入できる
料金

980円~/月

導入事例

不明

kintone

kintoneは、サイボウズ株式会社が提供しているノンプログラミングかつマウスの操作だけで簡単に業務アプリを作成できる業務アプリ構築クラウドサービスです。あらゆる業種の、あらゆる人の、あらゆる仕事に対応して、柔軟にカスタマイズできます。30日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • あらゆる仕事に対応する柔軟なカスタマイズ性
  • 外部サービスや基幹システムとの連携
  • 最高評価の三ツ星を獲得した充実のサポート
料金

780円/1人(ライトプラン)
1,500円/1人(スタンダートプラン)

導入事例
  • 日産自動車株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • 株式会社資生堂

メールワイズ

メールワイズは、メール対応を一元管理して効率化できるサイボウズ社のメール共有システムです。一般のメールの機能に加えて「お客様情報」や「対応履歴」、「コメント機能」、「返答文テンプレート」などメール対応業務を簡略化する機能を搭載しています。30日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • 月額500円/ユーザーで利用可能
  • 全規模対応の汎用的な機能
  • kintoneとの連携が可能
料金

500円~/月

導入事例
  1. 株式会社星野リゾート
  2. ブックオフオンライン株式会社
  3. 株式会社レアジョブ

desknet’s CAMS

desknet’s CAMSは、メールや電話での問合せの対応内容を共有するだけでなく、蓄積されたデータの活用により、さらなる顧客満足を向上させる顧客対応システムです。導入したその日から質の高い顧客サポート体制を提供しています。30日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • メールと電話の両方を一元管理できる
  • シンプルで使いやすいインターフェース
  • 質の高い顧客サポート体制
料金

150000円~/ライセンス価格

導入事例
  • 扶桑化学工業株式会社
  • 福島信用金庫
  • 株式会社ABC Cooking Studio

Freshdesk

使いやすい

メールディーラー

Re:lation

OKWAVE IBiSE

OKWAVE IBiSEは、FAQサイトや社内ナレッジベースを簡単に作成できる「記事作成」と多様化する窓口からの問い合わせを一元管理し、可視化する「チケット管理」の2種類の機能を備えたお問い合わせ管理システムです。30日間の無料トライアルがあります。

特徴
  • お問い合わせ管理に必要な機能の充実
  • 直感的でシンプルなインターフェース
  • 充実したセキュリティ機能
料金

11500~/月

導入事例

不明

yaritori

メールワイズ

まとめ

今回は、「おすすめの問い合わせ管理システム14選」を紹介しました。

問い合わせ管理システムの導入により、対応遅れや二重対応などのトラブルの解消だけでなく、カスタマーサポートの対応の質が向上するため、自社の顧客満足度を向上させることができます。まずは「何が課題で、何のために導入するか」を明確にし、その上で、問い合わせ管理に求めることは何かを考えると、より自社にあったものを導入できるはずです。

また、無料トライアルを設けている問い合わせ管理システムも多いので、まずは無料トライアルから始めて、顧客満足度の推移を見て本格的に導入するか検討すると良いでしょう。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

dx 行政

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

あなたにおすすめの記事

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

dx 行政

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!