HOME/ AINOW編集部 /日立製作所、AI・シミュレーション技術で「密」回避のためのサービス開始
2022.01.28

日立製作所、AI・シミュレーション技術で「密」回避のためのサービス開始

最終更新日:

2022年1月26日、株式会社日立製作所は、公共交通事業者向けに乗客の流れを予測・シミュレーションして、混雑情報の分析結果を提供する「人流予測情報提供サービス」を開発したことを発表しました。2022年1月27日から販売開始しています。

「人流予測情報提供サービス」は、日立独自のAI・シミュレーション技術を活用し、駅や列車の利用者数や利用者の移動時間などを出力し提供するサービスです。

現在、新型コロナウイルス感染症への対策のために、移動中の「密」回避が重要となっています。

こうしたサービスを提供する背景には「密」を作らない快適な移動を実現するために、混雑状況の把握することへのニーズの高まりがあります。

しかし、従来の目視による計測や一部の車両から取得したセンサーデータをもとに乗車人数を推定する方法では、正確さやデータ分析までのコスト面での課題がありました。

「人流予測情報提供サービス」はAI・シミュレーション技術により、個人を特定せずに経路や列車ごとの利用状況を精度高く推定することが可能となっています。

今後、「人流予測情報提供サービス」は日立のLumadaで展開されるソリューションの1つとして、ポイント管理システムなどから得られる会員情報や購買データなど外部システムのデータと組み合わせ、沿線住民向けサービスの向上や需要にもとづく都市開発といった新たなサービス創出を支援するなど、分析メニューの拡大を図っていくとしています。

Lumada:利用者のデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション・サービス・テクノロジーの総称

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Stable Diffusionでファインアートを制作する

デジタルツインとxR技術による可視化で設備管理を効率化する「都市・建物向け xRトータルソリューション」を販売開始|株式会社日立ソリューションズ

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

あなたにおすすめの記事

Stable Diffusionでファインアートを制作する

デジタルツインとxR技術による可視化で設備管理を効率化する「都市・建物向け xRトータルソリューション」を販売開始|株式会社日立ソリューションズ

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

FRONTEO、東京工業大学と創薬ターゲット探索の効率化・高速化に向けた共同研究開始

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA