HOME/ AINOW編集部 /株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足
2022.10.01

株式会社バンダイナムコエンターテインメント、AI技術を活用したライブ配信・実況を行う「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(以下、バンダイナムコエンターテインメント)が、株式会社バンダイナムコ研究所(以下、バンダイナムコ研究所)と協力して、AI技術を活用したライブ配信・実況を行うAIキャラクターのプロジェクト「プレイBYライブ」を発足しました。

「プレイBYライブ」概要

「プレイBYライブ」は、バンダイナムコエンターテインメントが展開する※1IPメタバースや動画配信、ライブ会場などのエンターテインメントに、バンダイナムコ研究所が研究開発を進める最先端のAI技術を組み込むことで、完全独立型の新たなバーチャルキャラクター象を具現化させるプロジェクトです。

IP:キャラクターなどの知的財産

AIキャラクター向けに最適化されたゲーム環境において、高品質な音声合成を含むゲーム実況システムや最先端のディープラーニングベースAIなどを搭載したAIキャラクターが視聴者を盛り上げる存在として実況・配信を行います。

また、プレイBYライブを用いたプロジェクトとして、2022年6月より実験・公開されているAIキャラクター同士のゲーム対戦を生配信するチャンネル「ゴー・ラウンド・ゲーム」が今秋から本格稼働します。本チャンネルでは、AIキャラクターが視聴者からのコメントを読み取り、思考したうえで感情表現をしながら返事をしたり、コメント欄からの指示や投票を頼りにゲームを攻略するため、予測できない展開を繰り広げることが魅力です。

現在Youtubeチャンネルでは試験的に麻雀の実況が行われていますが、今後は新たなAIキャラクターを登場させるほか、視聴者のコメントを反映しながらそれぞれのAIキャラクターが個性豊かなプレイスタイルへ成長していくとともに、キャラクター同士のリーグ戦など「AIキャラクター同士の戦いをバーチャル観戦・応援する楽しみ」を拡めていく予定です。

「プレイBYライブ」システムの特徴

視聴者の存在を意識しながらゲームを攻略する意思決定AI

これまでのゲーム攻略AIはゲームプレイヤーを楽しませることを目的に、そのプレイヤーと一緒にゲームを楽しむ対戦相手・協力相手のAIとして進化してきました。一方で、「プレイBYライブ」は観戦している動画プラットフォームの視聴者を楽しませることを目的に開発されているため、視聴者が盛り上がるプレイやキャラクターの個性が感じられるプレイを意識してゲーム攻略を思考します。さらに、視聴者の意見を取り入れて攻略方針を柔軟に変化させたり、AIが現在進行形で考えていることや次に実施したい作戦を説明するなど、ライブ配信者として必要な思考機能を搭載したシステムの開発を進めています。

「1対複数」の場で視聴者の声を拾い、リアクションすることに特化した集団対話AI

現在、多くのサービスで利用されているチャットボットなどのAIは、質問への回答など1対1での対話を前提にした技術が使われています。しかし、「プレイBYライブ」の対話AIは、AIキャラクターひとりに対し数百人の視聴者が自由に配信チャットに投稿する場を想定しているため、多くの感想や質問、キャラクターに投げかけるコメントの中から、いま取り上げると面白いコメントや紹介したいコメントをピックアップし、その場を盛り上げるようなリアクションを返すことができます。人間のライブ配信者が行っている行動を、AIならではの記憶力や迅速なテキスト解析力とバンダイナムコグループが培ってきたIPプロデュース力を組み合わせてAIに搭載することで、配信を盛り上げることが可能になりました。

感情を表現しながら語りかける新型の音声合成AI

一般の音声合成AIは、サービスの案内役として何かの案内を行うことを目的にしているため、穏やかに文字を読み上げ、情報を正確に伝えることに重きを置いて開発されることが多いです。一方、「プレイBYライブ」のAIキャラクターは、その場を一緒に楽しむ存在だからこそ、ライブ感あるリアクション音声で話すことができます。成功も失敗も視聴者と分かち合うことを目的として開発された、感情のこもった新型の音声合成システムを搭載しています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設