HOME/ AINOW編集部 /世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設
2022.11.28

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設

最終更新日:

AIによる映像解析・人間の行動認識技術を提供する株式会社アジラは、11月21日(月)に施設向けAI警備システム『アジラ』のデモンストレーションを体験できる新オフィス「プレゼンテーションオフィス@神田」を開設しました。

施設向けAI警備システム「アジラ」とは

AI警備システム『アジラ』は、世界トップクラスの行動認識AI技術を基にした防犯・見守りシステムです。既存のカメラをAI化し、カメラ映像の中から異常行動(転倒、卒倒、ケンカ、破壊行動)や不審行動(千鳥足、ふらつき、違和感行動)を検出したときのみ、瞬時に映像を通知できるため、映像を監視する警備員の業務を軽減でき、重大な見逃しや見落としを無くすことができます。

また、導入後数日間で防犯カメラに映る人々の行動を自ら学習し、それらの行動から外れた通常の行動とは異なる不審な行動(同じ画角内でうろうろしている、きょろきょろしているなど)を「違和感行動」として検知し、事件や事故が発生する前の予兆行動も捉えて通知するため、事故の予防にも貢献できます。

また、他にも以下の特徴があります。

  • 映像は、人物を骨格で認識し、行動認識AIにより人の動きの特徴を検知し分類・保存するため、個人情報保護の安全度が高まります。
  • カメラ毎の環境に合わせて自動的にチューニングできるため、検知する必要のない事象を異常検知から除くことができ、不要な通知を減らすことができます。
  • 今後はオプションで人物の行動による認証機能を追加でき、迷子のお子様や常習性のある犯罪者(窃盗)を特定・検知することで、防犯に役立てることが可能になります。

 

「プレゼンテーションオフィス@神田」には、施設と同様の防犯カメラを設置しており、侵入検知や転倒・暴力行為といった異常行動の検知を実際に体験することができます。また、今後追加を予定している新技術もプレゼンルーム内でご覧頂けます。

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ