HOME/ /特化型AI
2017.08.16

特化型AI

AIは、用途に基づいて、「特化型人工知能」と「汎用型人工知能」の2種類に分類することができる。
特化型AIは、特定の分野に特化して作られたAIのことで、現在は囲碁の対局や自動運転技術、画像認識、会話など、の分野で扱われる。

特化型AIの例としては囲碁のプロ棋士に勝利したことでも知られる、Googleが開発した人工知能「AlphaGo」があげられる。特化型AIでは人間の能力を超えていると言われる一方で、汎用型AIの開発は現時点では実現不可能と言われている。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

DX 働き方改革 アイキャッチ

DXと働き方改革の関係性とは?実現までの4つのステップから事例まで紹介

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について

あなたにおすすめの記事

DX 働き方改革 アイキャッチ

DXと働き方改革の関係性とは?実現までの4つのステップから事例まで紹介

国内のカスタマーサポートのデジタル化を推進するSDIが『Support DX Summit 2021』の初開催|新たなサポート体験を提供する事例がわかるオンラインイベント

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/09/20更新】

DXとIT化の違いに関する解説記事のアイキャッチ画像

DX化とIT化の違いとは?それぞれのメリットや推進のポイントまで解説!

CNN(畳み込みネットワーク)とは?図や事例を用いながら分かりやすく解説!

DXスキル解説記事のアイキャッチ画像

DXに必要な4つのスキル| DX人材の採用方法や書籍を紹介!

AIがライターの脅威となる5つの理由

dx リテラシー

DXリテラシーとは?|ITリテラシーとの違い、必要性・教育方法を紹介

フレーム問題とは?AIにおける重要な課題について