HOME/ /特化型AI
2017.08.16

特化型AI

AIは、用途に基づいて、「特化型人工知能」と「汎用型人工知能」の2種類に分類することができる。
特化型AIは、特定の分野に特化して作られたAIのことで、現在は囲碁の対局や自動運転技術、画像認識、会話など、の分野で扱われる。

特化型AIの例としては囲碁のプロ棋士に勝利したことでも知られる、Googleが開発した人工知能「AlphaGo」があげられる。特化型AIでは人間の能力を超えていると言われる一方で、汎用型AIの開発は現時点では実現不可能と言われている。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験