HOME/ /特化型AI
2017.08.16

特化型AI

AIは、用途に基づいて、「特化型人工知能」と「汎用型人工知能」の2種類に分類することができる。
特化型AIは、特定の分野に特化して作られたAIのことで、現在は囲碁の対局や自動運転技術、画像認識、会話など、の分野で扱われる。

特化型AIの例としては囲碁のプロ棋士に勝利したことでも知られる、Googleが開発した人工知能「AlphaGo」があげられる。特化型AIでは人間の能力を超えていると言われる一方で、汎用型AIの開発は現時点では実現不可能と言われている。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】

GAFAのスカウトを断るエンジニアも、国内AIスタートアップの戦い方

0円でAI開発ができる「AI Next Stage」を提供開始 ー結果を見てから導入検討可能【MatrixFlow】