HOME/ /シンギュラリティ
2017.06.12

シンギュラリティ

シンギュラリティ

 

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人間と 人工知能 の臨界点のことです。
人工知能が自分自身より賢い人工知能を作ることができるようになった時、それを無限に繰り返すとすれば、爆発的に技術が進歩すると考えられます。

このような「人工知能が自分自身より賢い人工知能を作れるようになる点」はおそらく世界が変わる瞬間となるでしょう。そのことから特異点と呼ばれます。

未来学者のレイ・カーツワイル氏はこれが起こるのは2045年であると予測し、シンギュラリティについて「人工知能が人間の知能と融合する時点」と定義しています。
人工知能が学習し、人間同様もしくは人間以上のパフォーマンスを出すようになったとき、どのように人工知能と共存していくのかを考えていかなければなりません。

レイ・カーツワイル氏(1948-)

出典)Wikipedia

 

さらにMITによると、近々人工知能がさら賢い人工知能のプログラムを書くことが可能になるということがGoogleやその他の機関でも考えられていると言います。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!