HOME/ /RPA
2018.03.05

RPA

RPA(Robotic Process Automation)とは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略である。

これまで人間が行ってきた作業を高性能な認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能など)を用いることによって、業務の自動化や効率化を実現すること。
また、そのようなソフトウェアロボットを指す言葉。

一般的にデータ入力や情報チェックなどのバックオフィスにおけるホワイトカラー業務を自動化する。RPAは仮装知的労働者やデジタルレイバー(Degital Labor)とも言い換えられる。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか