HOME/ /特化型AI
2017.08.16

特化型AI

AIは、用途に基づいて、「特化型人工知能」と「汎用型人工知能」の2種類に分類することができる。
特化型AIは、特定の分野に特化して作られたAIのことで、現在は囲碁の対局や自動運転技術、画像認識、会話など、の分野で扱われる。

特化型AIの例としては囲碁のプロ棋士に勝利したことでも知られる、Googleが開発した人工知能「AlphaGo」があげられる。特化型AIでは人間の能力を超えていると言われる一方で、汎用型AIの開発は現時点では実現不可能と言われている。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

アリババDAMOアカデミー、2022年のテクノロジートレンド予測を発表

エクサウィザーズ、パーソルテクノロジースタッフのDX/AI人材の育成を共同で開始

河川水位をAIで予測。三信電気とMatrixFlowがAIを共同開発

日テレ、ドコモら3社がニュース記事自動要約サービスを開発、β版の提供開始

【製造業でも進むDX】先端技術や新素材を活用した社会課題の解決へ -三井化学DXオンラインイベントレポート

【無料から】AIやDXがテーマの講演依頼はこちら

あなたにおすすめの記事

アリババDAMOアカデミー、2022年のテクノロジートレンド予測を発表

エクサウィザーズ、パーソルテクノロジースタッフのDX/AI人材の育成を共同で開始

河川水位をAIで予測。三信電気とMatrixFlowがAIを共同開発

日テレ、ドコモら3社がニュース記事自動要約サービスを開発、β版の提供開始

【製造業でも進むDX】先端技術や新素材を活用した社会課題の解決へ -三井化学DXオンラインイベントレポート

【無料から】AIやDXがテーマの講演依頼はこちら