レジがない未来のコンビニ「Amazon Go」ついにオープン! 現地からレポート!

Amazon Goとは?

アメリカシアトルカラコンニチハ!現地リポーターのサノデス!

みなさんAmazon Goって知っていますか?

簡単にいうと、タイトルにも書いたように、レジのないコンビニのことです。「えっ、万引きできるじゃん」とか考えちゃいけませんよ。Amazonの技術をなめちゃいけません。

「どんな仕組みやねん」って感じでしょうが、Amazonは「自動運転技術に用いられるコンピュータービジョンやディープラーニングといったテクノロジーを活用している」とだけ説明しています。詳しくはわかりません。まあ、とんでもなくすごい技術には変わりありませんね。

もっと詳しく知りたい方は、公式ホームページへGo!
https://www.amazon.com/b?node=16008589011

オープンと同時に入店したよ!

ということで、レジがないという画期的なコンビニがついにアメリカ、シアトルで一般向けにオープンするということでオープン当日に行ってきました!

シアトル時間1月22日朝7時オープンということなので、オープンと同時に行くにはとてもとても早起きしなければなりません。朝は苦手です…が、気合でなんとか起きれました。
バスが遅れて7時ぎりぎり到着。すでに列ができていました。テレビ局もたくさんいました。

日本では新規開店のときはちょっと盛り上がりますが、こちらは特にそういうのはありません。
しれ~っとオープンしてみんなぞろぞろと入っていきます。

入場ゲートは駅の改札みたいですね。ここであらかじめダウンロードしておいたAmazon GoアプリのQRコードをかざして入場します(プライム会員にならなくても大丈夫でした)。


店内の雰囲気

入店後まず目に入ってくるのは、お弁当・軽食コーナーです。

お弁当などはAmazon Goに併設されているこのオープンキッチンで調理されているそうです。
出来立てを買えるっていいですね!


置いているものは食品がメインで、他にもお菓子や冷凍食品、お酒などがありました。

日本のPockyも!


Amazon meal kitsという自炊を簡単にする商品もありました。
ベーグルにつけるクリームチーズはフリーでした。やっぱタダって嬉しいですね。

Amazon Goグッズも売られてました。お土産にはいいかもですね!
お酒売り場には年齢確認を行う人もいます。

グッズを買おうとしているおじさん

お酒売り場では人が年齢確認

このように、いろいろと売られていますが、店自体はそんなに広くありません。
日本のコンビニの広さをイメージしてもらえればいいと思います。

無数のカメラとセンサー

店の上には無数のカメラとセンサーが。これらで「コンピュータービジョンやディープラーニングといったテクノロジーを活用している」というわけですね。
これだけカメラがあっても不思議と監視されてるとかいう気分にはなりませんでした。その点は気にしなくても大丈夫そうです。

実際にお買い物

さて、いろいろ見まわって、おなかも空いてきたので、朝ごはんを買いました。

はじめは、サンドイッチを買おうかなと思ったのですが、サンドイッチは最近食べ過ぎて飽きてきたので、一旦バックに入れましたが、戻しました。
このようなことをしてもしっかりと認識されるようです。

美味しそう

サンドイッチに決めた!

やっぱりやーめた

結局、そばとヨーグルトを食べようと決め、この2つをバックにいれて店を後にしました。
こんな感じでただ改札を出るだけです。

本当にこれで大丈夫なのかな、万引きにならないよね?と最初はちょっと心配でしたが、杞憂でしたね。店を出てからしばらくするとAmazon Goから通知がきました。


ヨーグルト$0.99とソバ$3.49、完璧ですね。お見事Amazon Go!

レジがなくて素早く買い物ができるというのがウリなのに、28分も滞在しちゃっていましたね(笑)。

店を出ると右側にはイートインスペースも併設されています。ここでゆっくりいただきます!

素晴らしい!と思ったこと

レジがないってやっぱりすごい

レジがないとこんなに便利なのかと思い知らされました。本当にノンストレスです。しかも請求も正確。
システム自体には言うことなしです。
ちょっと困らせようといくつかの商品を取って戻してを繰り返しましたが、私の惨敗でした(笑)。
素早くとったヨーグルトもしっかりと認識されていたので、驚きです。

イートインスペースも充実

店内で買ったものを食べるイートインスペースも充実していました。Wi-Fiもコンセントもあり、ご飯を食べながら一作業したりもできそうです。
ケチャップなどの調味料からレンジ、ウォーターサーバーまで設置されていました。言うことなしですね!

もうちょっと頑張れるんじゃない?と思ったこと

もっと無人にできそう。

レジがないので、もちろんキャッシャーさんはいません。ですが、挨拶用に何人かのスタッフは常駐しているそうです。

このスタッフさんたちは、防犯上しょうがないのかもしれませんが、お酒コーナーにいた年齢確認のためのスタッフさんは、どうにか自動化できるのではないかなぁと思いました。なんといったってこのコンビニを開発しちゃうAmazonさんですから。

楽しみにしています。

これは完全に個人的な意見なのと、アメリカ全体に言えることなので、Amazon Goだから!ということではありませんが、言わせてください(笑)。
上述の通り、久しぶりの日本食!と思ってそばを買ったのですが、これがそばではありませんでした。

そばといったらつゆ以外考えられないと思うのですが、なぜかこのそばについていたのは、ガーリックセサミペースト。
確認しなかった僕も悪いですが、お世辞にもおいしいとは言えませんでした。
もちろんおいしいものもありますよ!一緒に行った友人はこれからジムに行くそうで、チキンずくしを食べていましたが、とても柔らかくて美味しかったそうです。

ガーリックセサミペースト

チキンずくし

さいごに

さて、いかがだったでしょうか。最後に2つだけ物申させてもらいましたが、便利すぎることに変わりはありません。早く日本にも上陸してほしいですね!

まぁ現実的には当分先になると思われるので、ぜひ体験したい方はシアトルまで来てください!その際はぜひ私に美味しい日本食をお土産として持ってきてくれると嬉しいです。

ではまた!

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する