PKSHA Technologyがファンドを設立「PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund1号」

株式会社PKSHA Technologyが知能化技術の普及と利用拡大の牽引を目的として、「PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund1号」を設立することを発表しました。

PKSHAとスパークス・グループ株式会社がファンド運営に向けて両社が協業していくことについて合意

ファンドの概要

名称:PKSHA SPARX Asia Algorithm Fund 1号(仮称)
基本理念:未来のソフトウエアを形にするための要素技術/ソフトウエアを開発する企業群でポートフォリオを組む事により、未来のソフトウエアの社会実装を加速させる。
投資先:「知能化技術」「ロボティクス技術」を中長期の様々な産業の進化を牽引する中核技術と位置づけ、それらの関連分野を展開する企業、またはプロジェクトを対象に投資を行う。日本および国外(アジア・中国・インドなど)の知能化技術・知能化関連技術、周辺技術が対象。
募集期間:2019年1月1日~2019年9月29日
運用期間:ファンド組成日から 10 年間
内容:2018年12月を目途に新ファンドを立ち上げ、その後新ファンドの趣旨に賛同いただける投資家の方々から追加出資を募り、最終的に総額100億円規模のファンドを目指す。

関連記事

【株】AI関連銘柄 時価総額ランキング! パークシャテクノロジーを差し置いて一位だった企業は…

おざけん

人工知能・AI専門メディア AINOWデスク ┃ カメラマン
┃ Twitterでも発信しています。@ozaken_AI ┃ AINOWのTwitterもぜひ@Ainow_ai┃
出演: 日経CNBC「日経カレッジ・ラボ」日本テレビ 「ZIP!」など┃

AIが人間と共存していく未来を作りたい。そのために発信していきます!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する