HOME/ AINOW編集部 /AINOW先週読まれたニュース記事は!?【2017/10/30~2017/11/05】
2017.11.07

AINOW先週読まれたニュース記事は!?【2017/10/30~2017/11/05】

最終更新日:

AINOW編集部のみかみです。

AIニュースを毎日お届けしているAINOW。
この記事では、前週に読まれた注目記事を3つ紹介します。
大事なAIのトピックを見逃さないために、ぜひチェックしてみてください。

ソニーの「aibo」(アイボ)が12年ぶりに復活。好奇心を持って、飼い主に寄り添う存在に!

1999年~2006年に発売されていた動物型ロボット「AIBO(アイボ)」。来年1月復活する「aibo(アイボ)」は、鼻にあるカメラでユーザーの顔を認識したり、背中にある魚眼レンズで部屋の様子を認識し自動でマップを作成するなど、人工知能を搭載しています。

みかみ
元々犬型ロボットとしてペット代わりになるようなイメージを持たれているので、そこに最新技術を入れ込んだことで再復活!
根強いファンもいるので発売後も注目されそうですね。
初代AIBO登場時、私は2歳です?

目視検査をエッジAIで自動化、NTTコムウェアとHPEがアプライアンスを発売

製品の画像を読み込むと、良品・不良品のような評価を自動で出してくれる「Deeptector 産業用エッジAIパッケージ」。
製品の欠陥を目視で判断している工場の業務の代わりになる予定です。

みかみ
これが人工知能が仕事を奪う一例になってしまうのでしょうか。
ある程度「人の目」がないと、製品の欠陥が開発元の責任になってしまいます。
そういえば前に友人が検品のアルバイトをしていました。まずは、ここに使われているような人件費が削減されそうです。

無料の「IBM Cloudライト・アカウント」で、さっそくWatson APIを試してみた

日本IBMがクラウド開発基盤である「IBM Cloud」のライト・アカウントを無料・無制限で提供すると発表しました。 こちらの記事は、実例が載っているのでチョイスしました(*”▽”)

みかみ
IBM CloudのAPIの一つである「Personality Insights API」はユーザーの書いた文章を読み込むことで心理状態を数値化してくれるからびっくり!
この機能が無料で使えるなんて、開発の敷居が下がりそうですね!卒論とかで使う学生増えそう。

あなたにおすすめの記事

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手

【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」12期デモデイレポート

数クリックでAI予測モデル構築が完了 ーExcelに特化したプラットフォーム「Forecasting Experience」が正式リリース

コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了

ABEJAがCOVID-19を受けDXの重要性を表明 ー事業を継続できる保証はなくなった