HOME/ AINOW編集部 /30分でわかる「AI スタートアップのはじめかた」
2018.06.18

30分でわかる「AI スタートアップのはじめかた」

最終更新日:

「AI.Accelerator」の人、進藤はAI関連起業家の方に毎日会います。AI系に関して言えば、日本一スタートアップと会うCVCかもしれません。 AI.Acceleratorの4期33社を採択し、見えてきたAI領域で伸びそうな「スタートアップのはじめかた」をみなさんにシェアします。

起業家と投資家、支援家のお蔭様ですこしはAIスタートアップを 輩出できたかな… なんとなく法則もありそう。もっとAIスタートアップを世界に出していきたい!

バイトルをやってる会社、ディップのAIアクセラレーターが狙っているのは、人とAIによる労働の供給なのでややBtoBに寄っています。あと、大企業はまた別の話でスタートアップに特化した話です。

その前提ですが「スタートアップのはじめかた」をまとめました。

30分でわかる「AI スタートアップのはじめかた」

Beautiful.ai使ったら楽しくて170P以上ありますが、だいたい30分あれば読めます。

Beautiful.ai重たいな…って方はこちらからどうぞ。

まとめ

「AIなんてITなんだ、誰にだってできる!!」と東進ハイスクール的に考えられるスタートアップがAI領域は向いています。AI.Acceleratorはハンズオン型で営業したり、PRしたり、技術アドバイスしたり、採用したり、どろどろになりながら一緒にAIをつくっていくスタンスですので「まだAIじゃないしな」とかって考えなくてもOKです。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

これに当てはまらないとか迷ったりとかもあると思いますが、その時はカフェで気軽に話しましょう。

ハンズオンで一緒にやりたいスタートアップのみなさん、ぜひAI.Acceleratorへ。どんどん会います、よろしくお願いします。それでは今日もどこかのカフェでお待ちしております。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面