HOME/ AINOW編集部 /ロザンの宇治原が監修!FRISKのチャットボット機能
2018.11.13

ロザンの宇治原が監修!FRISKのチャットボット機能

最終更新日:

ロザン宇治原が監修の『ASK FRISK』においてAIチャットボットが提供されています。チャットボットの開発はWEB接客ソリューション「OK SKY」を運営する株式会社空色が担っています。空色は国内有数のチャットボット開発企業として、多くのECサイトや企業ページのチャットボットを開発してきました。

ロザン宇治原氏がビジネスの悩みを解決!? AIだからこそ身近な相談相手に!

『ASK FRISK』ではビジネスの悩みについて、まるでロザンの宇治原氏とか祝いしているような体験をユーザが味わうことができるといいます。空色が創業以来蓄積したノウハウと、会話ログデータを活用して、「相談」「悩み」を解決するチャットボットの導入に至りました。

『ASK FRISK』での対話画面

『ASK FRISK』での対話画面

「職場に馴染めない」「残業が多すぎて辛い」など、人に相談しづらい悩みもAIだからこそ、前向きになれるきっかけづくりになればという思いで構築されたそうです。

実施期間は12月18日(火) 23:59まで。『ASK FRISK』の特設サイトで体験が可能です。

▼参考:空色 代表取締役社長 中嶋洋巳氏

Dict.AI 中嶋 洋巳 / 株式会社空色

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立

購入率が17%増加!「子供の写真が見つからない」膨大なイベント写真から我が子を検索できる「はいチーズ!」で

ディープラーニングでナンバープレートを瞬時に消去 -個人データの保護が可能に

国内初のスマートシティの標準APIと都市OSに関する共同研究を開始

不在配送が9割減!AIによる不在配送問題解消に5者が合意

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減